「61億円はバーゲン」「マン・C戦でもフィルミーノではなくジョタを」。英記者が見るリヴァプールの定位置争い

Diogo Jota Roberto Firmino Liverpool GFX
Getty/Goal
【欧州・海外サッカーニュース】リヴァプール(プレミアリーグ)番記者がディオゴ・ジョタについて見解。

リヴァプールのポルトガル代表FWディオゴ・ジョタがスタメン確保へ猛アピールを続けている。

リヴァプールは、3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でアタランタと対戦。この試合でロベルト・フィルミーノを控えとして先発したジョタは、16分と33分にゴールを挙げて2-0とチームにリードをもたらすと、モハメド・サラーとサディオ・マネがネットを揺らした後、54分にハットトリックを達成。5-0と大勝した試合の主役となった。

『Goal』のリヴァプール番記者を務めるニール・ジョーンズ記者は、加入後の10試合で7ゴールと好調のジョタに関して、「彼は新加入だが既にリヴァプールの選手らしいプレスを仕掛け、リヴァプールの選手らしい動き方をしている。エネルギッシュでインテリジェント、かつポリバレント性も備えている」と絶賛。「4500万ポンド(約61億円)はバーゲンだったようにも見える。素晴らしい契約だ。新たなクラブ、新たな監督、新たな環境には苦しむものだが、彼はしっかりとチームに馴染んでいる」と評し、リヴァプールが今夏に23歳FWに使用した大金は、相応しいものになりつつあると見解した。

さらに、ニール・ジョーンズ記者は「我々は決してフィルミーノの重要性を過小評価するべきではない。彼は再び復調するはず。彼を軽視する人がいれば考え直すべきだ。リヴァプールのレジェンドでもある」とフィルミーノをリスペクトしつつ、「一方で今夜のようなことは無視できない。エティハドへの旅で、ジョタはポジションをキープすべきだ」と主張。8日に行われるプレミアリーグ第8節のマンチェスター・シティ戦でもジョタが先発起用に値するとした。

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶2020-21 プレミアリーグ DAZN完全独占!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる