「準備できればプレーできる」クロップがヘンダーソン&ファン・ダイクのEURO出場否定せず

Virgil van Dijk Jordan Henderson Liverpool Premier League
Getty
【欧州・海外サッカーニュース】リヴァプール(プレミアリーグ)のジョーダン・ヘンダーソンとヴィルヒル・ファン・ダイクは依然として復帰の目途が立っていない。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、ジョーダン・ヘンダーソンとヴィルヒル・ファン・ダイクのEURO2020出場の可能性について語った。

プレミアリーグ王者として今シーズンを迎えたリヴァプールだが、相次ぐ故障者に見舞われる。10月にはファン・ダイクが前十字靭帯断裂の重傷を負って現在に至るまで離脱中。主将のヘンダーソンは2月に鼠径部の手術を受け、長期離脱が予想される。

両選手の離脱がこのままシーズン終了まで続けば、リヴァプールのみならずイングランド代表とオランダ代表にも大打撃。今夏にEURO2020に出場する両国代表がヘンダーソンとファン・ダイクの復帰を望む中、クロップ監督はプレスカンファレンスで2選手の状態について口を開いた。

「彼らをイングランドやオランダから遠ざけたいとは思わない。準備できていれば、準備できているということ。最終的な決定は私に委ねられてはいない。EUROに関して私には何もわからない。現状で変わったことは何もない。彼らの準備が整えば、彼らはプレーできる。今、彼らはリハビリテーションの最中だ」

また、ヘンダーソンの状態について同指揮官は続けて「彼は現時点でここにいない、トレーニングはできない。しかし、数日か数週間のうちにトレーニングできるようになるだろう。(EURO出場へ)すべては時間次第だ。十分な時間があるか?私にはわからないが、そうなることを願っている」と語った。

プレミアリーグ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶2020-21 プレミアリーグ DAZN完全独占!1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる