世界最高のFWレヴァンドフスキがクロップを「悪い先生」と語った理由は?

Robert Lewandowski, Jurgen Klopp, Dortmund
Getty Images
【欧州・海外サッカー ニュース】バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキが恩師ユルゲン・クロップを語る。

バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキは、ドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップは“悪い先生”だったと認めている。

ポーランド国内で名を挙げたレヴァンドフスキは2010年、ドルトムントへとステップアップ。当初は慣れない10番としてプレーするなど、順風満帆のスタートとはいかなかった。それでも、クロップ監督の下で大きな成長を遂げ、2014年からバイエルンでプレーしている。

レヴァンドフスキは『プレイヤーズ・トリビューン』の中で、クロップとの関係がどのようなものだったかを明かしている。

「ユルゲンは僕にとって父親のような存在だった。監督としては“悪い先生”のような存在だった。それが一番よく当てはまる言葉だと思う。学生時代を思い出してみてほしい。どの先生のことを一番覚えている?人生を楽にしてくれた先生ではなく、あなたに何も期待していなかった先生だろう。厳しかったものを覚えているものだ」

「B級の生徒に満足せず、ユルゲンはA+の生徒を求めていた。彼自身のためではなく、選手のことを思ってね。彼は多くを教えてくれた。ドルトムントに来たとき、僕は何でも素早くやろうとしていた。ユルゲンは落ち着いて必要に応じ、2タッチを取ることを教えてくれた。僕の性格には反していたけど、すぐにゴールを増やせたね」

ブンデスリーガ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる