ニュース ライブスコア
セリエA

ラウタロが明かすバルセロナ移籍交渉とレアルからのオファー「本当に間近だった」

19:00 JST 2021/05/07
Argentina_Lautaro
【欧州・海外サッカーニュース】インテル(セリエA)のラウタロ・マルティネスがリーグ優勝を喜んだほか、過去の移籍話に言及した。

インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、アルゼンチンメディア『ESPN Argentina』のインタビューに応じ、スクデット獲得の喜びなどを語った。

インテル加入3シーズン目でアントニオ・コンテの下、セリエA制覇を果たした23歳のラウタロ。自身にとって初めてとなるタイトルの獲得に歓喜している。

「これほど重要なクラブにおいてトロフィーを獲得できたことは、信じられないほどの感動だよ。本当に幸せに思う。リーグ戦ではクリスティアーノ・ロナウドと対戦し、クラブでは常に(ハビエル)サネッティと一緒にいられて、代表では(リオネル)メッシの同僚でもある。23歳で自分の好きなことができて、すべての瞬間を満喫しているよ。毎日、僕らをそばで支えてくれるのはファンであり、ファンぬきでの祝勝は残念だった」

ラウタロは昨年、バルセロナ移籍の可能性が報じられた。インテルFWは当時を振り返る。

「本当に移籍は間近に迫っていたんだ。しかし経済的な問題があって、僕はインテルに残留することになった。でもその後、スクデットを獲得できたから良かったよ。メッシとは話をして、状況について少し聞かれたんだ。素晴らしいチャンスだったと思うが、最終的に良い決断をしたと思う」

さらにラウタロは、過去にバルセロナだけでなく、レアル・マドリーからも熱視線を受けていたことを明かした。

「2回、僕の獲得を望んでいた時があった。1度目は僕がラシン・クラブの下部組織に所属していた時で、その次の時は自分の準備ができていないように思ったんだ。インテル移籍を決断した時は、ヨーロッパへ行く最適なタイミングだったんだ」

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】