ニュース ライブスコア
ラ リーガ

L・スアレス告白「“噛みつき”後もバルサの獲得の意思は変わらず、泣いてしまった」

0:20 JST 2017/05/14
Luis Suarez Barcelona
『エル・ペリオディコ』とのインタビューで当時の心境を明かす。

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、スペインの新聞『エル・ペリオディコ』とのインタビューに応じ、あの“噛みつき”事件について振り返っている。

L・スアレスは2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のウルグアイ対イタリアで、イタリア代表DFジョルジュ・キエッリーニの肩に噛みつき、その後FIFAから4カ月の試合出場・活動停止処分が下された。この一件はL・スアレスのイメージを著しく落とすものだったが、同選手はW杯終了後にリヴァプールからバルセロナへと移籍を果たしている。

L・スアレスは“噛みつき”事件後にも、バルセロナが自身の獲得を望み続けたことに感動を覚えたという。同選手は『エル・ペリオディコ』に対して、次のように話した。

「あの事件の後、代理人から電話がかかってきて、バルサが僕を欲し続けていると伝えられた。そしてその後に、スビサレッタ(バルセロナの当時のスポーツディレクター)からも電話があったんだ。彼と少し話をして、僕は泣いてしまった」

「バルサが僕を求め続けてくれるなんて、信じられなかったんだよ。バルサは僕がもう一度立ち上がるための大きな力となってくれた」