鮮烈なヘタフェデビュー飾った久保建英、スペインメディアが絶賛「これこそクボだ!」「クボがヘタフェを進化させる」

takefusa-kubo
(C)MutsuFOTOGRAFIA
【欧州・海外サッカー ニュース&海外の反応】ヘタフェ(ラ・リーガ)のデビュー戦でインパクトを残した久保建英を海外メディアが絶賛。

鮮烈なデビュー戦だった。11日のラ・リーガ第18節、アウェーでのエルチェ戦でヘタフェ加入後初の試合に臨んだMF久保建英は、25分の出場時間で2得点に絡む活躍を披露。1-1で引き分けていたチームを3-1の勝利に導いている。スペインメディアも、日本代表MFの活躍を大きく取り上げている。

ヘタフェで背番号5をつける久保は、この試合の65分から出場。新チームでは一度も練習を行っておらず、言葉通りぶっつけ本番となったが、ファーストタッチでいきなり活躍を披露した。

69分、ペナルティーエリア手前右でボールを保持した久保は、じりじりとエリア内に入り込んで左足を一閃。GKバディアは強烈な勢いのボールを前に弾くのが精一杯で、このこぼれ球からFWハイメ・マタが勝ち越し弾を決めた。さらに 84分、右サイド深い位置まで侵入した久保がクロスを上げると、これに頭で合わせようとしたFWアンヘルがペナルティーエリアで倒されてPKの判定。キッカーのアンヘルがこれを決め切り、ヘタフェは2点をリードして試合を終えている。

レアル・マドリーが所属元の19歳MFの活躍は、もちろんスペインでも注目すべき事柄となる。スペイン『アス』電子版はその試合レポートの見出しに「クボがヘタフェを進化させる」と記載。また久保の2得点を導いたプレー動画を「これこそがクボだ!ヘタフェに勝利を授けた彼の電気が走る2プレー」との文言で紹介し、ヘタフェの個別評価記事では次のように記した。

「彼のファーストプレーは1-2とするプレーだった。右サイドに位置した彼は、期待を生じさせるデビューを飾っている。気高く、均衡を崩せる存在だ」

さらにスペイン『マルカ』電子版は久保、そして同じくこの冬に加入したMFカルラス・アレニャーを取り上げる「アレニャーとクボがいれば、また違う話になる」との記事を掲載。「日本人がヘタフェの全サポーターの期待を呼び起こすためには、30分あれば十分だった」と記している。

4試合ぶりの勝利を収めたヘタフェは12位に浮上。今季は欧州カップ出場権ではなく残留争いを強いられる同チームだが、久保とともに順位表を駆け上がっていけるのだろうか。

久保建英|最新情報、スタッツ、ニュース一覧

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる