「半年間痛みを抱えてプレーしていた」レアル・マドリーMFクロース、苦しんだケガを語る…

Goal

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが『Goal』スペイン版の独占インタビューに応じ、ケガの状況について話した。

クロースは今夏のEURO2020に参加。そけい部を痛めたことで、今季はここまで公式戦の出場はない。一方で、トレーニングは順調に進んでいるという。クロースはインタビューの中で数か月間ケガに苦しんでいたことを明かす。

「6、7か月間痛みを抱えていたのに、チームでの3回目のトレーニングを痛みを感じることなく行うことができたので、満足しているんだ。3か月間プレーしておらず、最後の試合は6月29日のEUROだったので、少しずつリズムをつかんでいかないとね。しかし、最も重要なことは、あまり気にならないということだ。これからは試合の話をしていく。ようやく望んでいた地点に到達した」

広告

3月から違和感を抱え、それでもチャンピオンズリーグやEUROをプレーしたクロース。「マドリーに戻ってからも試したが、少しも改善されなかったので中断することにした」と明かす。

「僕らが行ったのは、何があったのかを正確に把握するための作業だった。手術をするという選択肢はなかった。しかし、半年間、痛みを感じながら、あるいは痛みを感じなくても薬をたくさん飲んで、試合の合間には痛みを感じながらプレーしてきた」

ミッドウィークにはチャンピオンズリーグを戦うレアル・マドリー。クロースは「準備はできているし、メンバーには入れると思う。判断は(カルロ)アンチェロッティ次第だけどね」と期待を述べた。