【動画】後半出場の三笘薫が圧巻の大活躍!リーグ初ゴール含む2発、2点ビハインド&数的不利から勝利に導く

(C)Getty Images

ジュピラーリーグ第11節が行われ、ユニオン・サン・ジロワーズがセランと対戦した。

ホームでの一戦となったユニオンだったが、31分、35分と立て続けに失点。さらに前半終了間際にアマニが2枚目のイエローカードで退場となり、苦境に立たされる。

そして迎えた後半開始、ユニオンは三笘薫をピッチに立たせた。すると、日本人ドリブラーが躍動。まずは55分に反撃の狼煙を上げるゴールを奪う。クラブ公式SNSも「素晴らしいムーブからスコアを伸ばした」と伝えた。

さらに、同点で迎えた76分にはこの日自身2ゴール目を奪い、チームを逆転に導いた。そして90分に3度ネットを揺らし、ハットトリックを達成。後半45分間だけで3ゴールを奪う圧巻の大活躍で、劣勢のチームを逆転勝利に導いている。

ユニオンは2点差&数的不利をひっくり返し、4-2で連勝。勝ち点も22にまで伸ばし、暫定ながら首位に立った。