【Jリーグ】J1第14節の試合結果・ゴール動画・スタッツまとめ

20200905_Kashima
(C)J.LEAGUE
【Jリーグ(J1)試合結果まとめ】明治安田生命J1リーグ第14節が9月5日に開催。各地で9試合が行われた。

明治安田生命J1リーグは5日に第14節の9試合が行われた。

札幌 0-2 広島

6試合未勝利の北海道コンサドーレ札幌と4試合未勝利のサンフレッチェ広島がトンネル脱出をかけて争った一戦は前半をスコアレスで折り返す。後半開始早々にドウグラス・ヴィエイラが頭で沈めて広島が先制すると札幌は猛攻を仕掛けるが、試合終了間際に浅野雄也がカウンターからチームの2点目。札幌がネットを揺らすことはなく、広島が5試合ぶりに勝利した。

横浜FM 1-3 川崎F

リーグ2位の得点数を誇る横浜F・マリノスが得点数トップの川崎フロンターレとホームで激突した試合では、早々にスコアが動く。2分、右サイド深い位置からの折り返しに反応したマルコス・ジュニオールが決めて横浜FMが先制。しかし、33分には三笘薫ががボックス左から巧みな身のこなしからシュートを沈めて川崎Fが追いつく。後半に入るとギアを上げた川崎Fが一気に横浜FMを突き放す。48分に家長昭博が右足で逆転弾を奪えば、50分には三笘がこの日2点目。そのままのリードを保った川崎Fが再び連勝に突入した。

清水 1-2 柏

3連敗中の清水エスパルスが2試合勝ちのない柏レイソルと対戦。序盤から柏が押し込む展開が続くと35分に呉屋大翔ネットを揺らし、直後にも江坂任がボックス手前中央から強烈なミドルシュートを突き刺す。柏が2点のリードを奪って後半を迎えた。試合はそのままで推移し、試合終了間際にカルリーニョス・ジュニオのヘディングで1点差に詰め寄る清水だったが、反撃はここまで。清水は4連敗を喫し、柏は3試合ぶりの勝利を収めた。

名古屋 1-3 鹿島

名古屋グランパスが鹿島アントラーズをホームに迎えた一戦では、前半早々に雷雨の影響で一時間ほど中断するアクシデントが発生。再開後にスコアが動く。16分にエヴェラウドからのクロスに反応した和泉竜司がネットを揺らせば、37分には高卒ルーキーの荒木遼太郎がレオ・シルバとの連係からボックス右に入り込んで冷静に沈め、鹿島が2点をリードする。後半早々に稲垣祥の得点で点差を縮める名古屋だったが、63分に土居聖真が2戦連続となる得点を決めて再び鹿島が突き放す。そのまま主導権を握った鹿島が勝ち切り、3連勝を飾っている。

仙台 1-4 G大阪

ともに3試合勝利のないベガルタ仙台とガンバ大阪による試合は、早いタイミングで大きな動きを見せる。左CKから4分にアレクサンドレ・ゲデスが先制点を奪うと、その4分後に山本悠樹がネットを揺らして同点に。さらに15分にはアデミウソンが右CKの流れから頭で沈めてG大阪が逆転する。仙台は41分にPKを獲得したが西村拓真のシュートはGK東口順昭に阻まれた。後半に入ると74分に倉田秋、85分に井手口陽介が決めてG大阪がリードを広げていく。得点を重ねたG大阪が試合を制し、4試合ぶり勝利を収めた。

湘南 1-1 神戸

6連敗中で最下位の湘南ベルマーレがアンドレス・イニエスタを欠くヴィッセル神戸をホームに迎えた。試合では神戸がポゼッションを高めるが、なかなか得点を奪うことはできない。すると折り返して迎えた50分に細かいつなぎから大岩一貴がヘディングシュートを決めて湘南が先制したが、その3分後に酒井高徳が同点に戻す。その後、互いにリードを奪うことはなく試合が終了。この結果、湘南の連敗が「6」でストップした。

大分 0-1 FC東京

14位・大分トリニータと3位・FC東京の対戦では激しいプレスを維持するFC東京が主導権を握って試合を進行。すると29分に右CKのこぼれ球を拾った安部柊斗が決め切ってFC東京が先制する。結局、試合はこの得点が決勝点となって終了。FC東京が今季3度目の連勝を収めた。

鳥栖 3-0 横浜FC

新型コロナウイルスの陽性者が複数出た影響により約1カ月間にわたり試合の延期が続いていたサガン鳥栖が、横浜FCをホームに迎えた。試合では序盤から攻勢を保つ鳥栖が11分に金森健志の得点で先制。後半に入ると横浜FCが攻勢を強めるが、鳥栖はカウンターから81分に林大地、86分に小屋松知哉が立て続けにネットを揺らしてリードを広げ、無失点で試合を終えた。鳥栖にとっては、これが今シーズン2勝目となっている。

C大阪 3-0 浦和

連勝中の2位・セレッソ大阪が直近4戦3勝1敗の5位・浦和レッズをホームに迎えた。試合はスコアレスで折り返しを迎えるが、48分に坂元達裕のクロスに合わせた都倉賢が先制点を奪取。74分にもオウンゴールでC大阪に得点が生まれ、浦和は劣勢を強いられる。そして、後半ATにボックス外で対応しようとしたGK西川周作からボールをかっさらった藤尾翔太が無人のゴールに流し込み、C大阪が無失点で90分を終えて3連勝を飾った。

■J1第14節 試合結果
・9月5日(土)
札幌 0-2 広島
横浜FM 1-3 川崎F
清水 1-2 柏
名古屋 1-3 鹿島
仙台 1-4 G大阪
湘南 1-1 神戸
大分 0-1 FC東京
鳥栖 3-0 横浜FC
C大阪 3-0 浦和

J1|最新ニュース、順位表、試合日程

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる