【動画】浦和のシュートを防いだ松岡大起はハンド?議論は真っ向対立!原副理事長「あれをハンドにしないと…」

20200915_Urawa_Tosu
(C)J.LEAGUE
【Jリーグ(J1)ニュース】気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#17」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第15節の2-2の引き分けで終わった浦和レッズvsサガン鳥栖から、前半ATに関根貴大のシュートが松岡大起の腕に当たった場面を取り上げる。

番組には、お馴染みとなっているJリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さん、JFA審判インストラクターの小幡真一郎氏が登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。

■松岡の手に当たっていることは明らか

今回物議を醸しているのは、浦和vs鳥栖の前半ATのシーン。浦和の左CKから柏木陽介のクロスがクリアされると、こぼれ球に反応した関根がボックス手前中央からシュートを放つ。すると、ボールはボックス内の松岡の腕に当たったが、ハンドの笛は吹かれていない。

スロー映像でボールが腕に当たっていることを確認した平畠さんは、「攻撃側から言うともうハンドと言いたくなるし、ハンドと言われてもおかしくないという気がします」と率直な印象を口にする。そのうえで言い切ることができない要因として、SNS上でさまざまな意見が寄せられたことを紹介した。

「『関根のシュートの腕ストップはPKじゃないですか?身体から腕が出てて、シュートとの距離もあります』という意見もありますし、『これはボールが腕に向かってきている。故意ではないパターンだと思います』と『腕は身体から離れていますが、肩より上の位置ではありません。このような場合でもハンドの反則になるのでしょうか』とか。たぶん、色々なハンドの考え方があって、人によってそれの照らし合わせ方が違う」

ハンドの条件として、まず“意図的”にボールに手や腕で触れた場合は反則となり、その基準として「体のシルエットが不自然になっていないか」、「手がボールに寄っていっていないか」が考慮される。ユーザーの間では、その捉え方に差異が生じていたようだ。

とはいえ、原副理事長は「ハンド。あれをハンドととらなかったら(サッカーに)ハンドは無い」と強く主張。その根拠として、シュートが放たれた位置と松岡までの距離が十分なものであったとの旨を伝える。

■腕は広げていないが…

20200915_Matsuoka

一方で、競技規則第12条の「ファウルと不正行為」には「手や腕は体の近くにあるが、手や腕を用いて競技者の体を不自然に大きくしていない」場合はハンドではないと明記。小幡氏は、ノーハンドの判定も理解できると説明した。

「腕は広げてはいないんです。力も入ってはいない。どちらかというと、ボールが当たって腕が跳ね上がっている、あるいは動いているという風に見えないことはない。で、ボールが飛んで来たら避けようとしたけど、腕に当たって、腕が動いたという見方もできないことはない」

しかし、原副理事長は「まあでもハンドでいいんじゃないの?」と譲らず。平畠さんも「なぜハンドじゃないんですか?という説明が欲しくなりますよね。明らかに手には当たっている」と納得はしない。

それに対し、避けようとした時の腕の動きであればハンドには該当しないことを強調する小幡氏も、「自然な位置で力を抜いた状態であればハンドではないという判断もできる」と主張を曲げない。

もしビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されていたら介入するか、という問いに対してもこう返答した。

「(主審がVARに)どこに当たったかを聞くかもしれませんね。だから、手に当たったというのを分かって、後はレフェリーの判断に任せるかもしれません」

そして、ここでも原副理事長は真っ向から反論する。

「これは言うでしょ、小幡さん。絶対にこれは言うと思いますよ。で、これ(モニターを確認するジェスチャー)見てPKとなるパターン」

最終的に見解が一致することはなかった今回のジャッジ。ルールブックに則る明らかな判断が下せず、ハンドの定義の曖昧さが表われた事例と捉えることもできるが、原副理事長は「これが難しいからサッカーは面白いんだろうね。だけど、サッカーは手を使わないという中で、決定的なシーンであれだけの距離で手に当たってしまって、ハンドにした方が分かりやすい」とルール改正の方針を展望しつつまとめている。

今回のジャッジリプレイでは、このほかにも第15節・柏レイソルvガンバ大阪の前半ATにG大阪のオフサイドがとられた場面、第15節・川崎フロンターレvsヴィッセル神戸の7分、第16節・川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島の87分にそれぞれ起きた支え手に関するハンドの事例がピックアップされている。

J1|最新ニュース、順位表、試合日程

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる