湘南ベルマーレが先制&好ゲームも…川崎フロンターレ、知念慶の後半AT土壇場決勝点で4連勝!

(C)Getty images

明治安田生命J1リーグは26日、第30節の川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが行われた。

3連勝中の首位・川崎Fが3試合未勝利の16位・湘南をホームに迎えた一戦。川崎Fは2位・横浜F・マリノスとの勝ち点差が「6」となっているなかでこの試合を迎えた。

川崎Fはスタメンに小林悠や脇坂泰斗、古巣対戦となる山根視来らを起用。過密日程を考慮してかレアンドロ・ダミアンや家長昭博らはベンチスタートとなった。一方の湘南は町野修斗や田中聡、茨田陽生らを送り出し、背番号9のウェリントンらは控えとなっている。

試合は15分に動く。湘南が激しいプレスで川崎F陣内でボールを奪取したところから前線までボールを運ぶと、ボックス左の大橋祐紀が縦に突破して折り返す。ニアに飛び込んだ田中が右足のアウトで合わせて先制点を決め切った。

湘南は先制後、32分に平岡大陽が山田直輝との交代を強いられるアクシデントがあったものの良いリズムでプレーを続ける。川崎Fはボールこそ保持して崩せるポイントを探っていくが、多くの決定機は作ることはできないまま前半を終える。

川崎Fはハーフタイムに3枚替えを敢行。宮城天、遠野大弥、谷口彰悟に代えてマルシーニョ、橘田健人、登里享平を送り出した。

それでも一方的な展開にすることができない川崎F。反対に53分にはボックス手前左の田中にシュートを浴びせられたが枠を外れて難を逃れる。川崎Fは65分にさらに選手を入れ替える決断を下し、小林に代えて家長を起用した。

すると直後、右サイド浅い位置から山根がクロスを供給。ボックス内で飛び上がった旗手怜央が頭で合わせてゴール右隅に流し込んだ。

その後も一進一退の攻防が続く中で後半半ばに川崎Fが5枚目の交代で山村和也に代えてジェジエウ。湘南も同じタイミングで岡本拓也に代えて古林将太を起用した。

79分には左サイド深い位置に抜け出した畑大雅がマイナス方向に折り返す。走り込んでいた大橋が反応するがDFのカバーに遭い得点には繋がらない。

そして後半AT、ボックス手前右の家長が左足で高精度のクロスを供給。知念慶がこの土壇場でヘディングシュートを沈めて逆転に成功した。

試合は直後に終了。この結果、川崎Fは4連勝を飾って2位との勝ち点差を「9」に広げている。一方の湘南は4戦未勝利となった。

■試合結果
川崎フロンターレ 2-1 湘南ベルマーレ

■得点者
川崎F:旗手怜央(66分)、知念慶(90+4分)
湘南:田中聡(15分)