ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップアジア予選

JFA・関塚技術委員長、W杯2次予選の延期に理解「人々の健康を守ることが最優先」

21:38 JST 2020/03/09
2018_7_26_sekizuka

日本サッカー協会(JFA)は9日、3月と6月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選が中止となったことに際し、関塚隆技術委員長のコメントを発表した。

森保一監督率いる日本代表は、3月26日にミャンマー戦(豊田)、同31日にモンゴル戦(ウランバートル)、6月4日にタジキスタン戦(神戸)、同9日にキルギス戦(大阪)の2次予選4試合を予定していたが、FIFAが9日に原則延期を決定。これを受けてJFAでは今後「3月と6月に予定されている予選の延期について調整を進めてまいります」とし、「延期が決定された場合は3月のSAMURAI BLUE(日本代表)の活動は中止することになります」との声明を発表した。

今回のFIFAの発表を受けて関塚委員長は以下のようにコメントしている。

 「現在、SAMURAI BLUEはFIFAワールドカップカタール2022出場に向けてチームが一丸となって取り組んでいるところです。また、U-23日本代表チームにとっては、対戦する機会が少ないアフリカ諸国と試合を行うことができ、なおかつ広く選手を招集できる3月のインターナショナルマッチウィ-クを非常に重要な機会と捉え、活動については最後まで様々な模索を続けてきました。しかしながら、世界を取り巻く新型コロナウイルスの現在の状況を考えると、これ以上の感染拡大を防ぎ、人々の健康を守ることを最優先にして考える必要があります。

SAMURAI BLUEについては、今後、新しいスケジュールが決定された後、どのようにチームを強化してワールドカップ予選を戦っていくのか、改めて最善のプランを作り、監督やスタッフ、選手たちが最大限の力を発揮できるように技術委員会としてサポートしていきたいと考えています。同時に東京オリンピックに向けたU-23日本代表の強化プランも、改めて検討していくことになります。5月にJヴィレッジで予定されているトレーニングキャンプなど現時点で変更されたものはありません。JリーグやAFCチャンピオンズリーグ、新型コロナウイルスの状況などを見ながら今後検討を進めていきます。

平和で安全な世の中であるからこそ、多くの人達に支えられて私達の活動が成り立っています。一日も早くこの状況が収束し、皆さんと一緒に世界を目指せる日が一日も早く戻ることを願っています」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です