日本代表戦で強烈直接FK弾のオーストラリア代表MF、W杯予選初黒星に失望も「首位通過を100%確信」

(C)Getty Images

フランクフルトに所属するオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチが、日本代表戦を振り返った。

12日に行われた2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4戦、日本vsオーストラリアは、1-1で迎えた86分に日本が浅野拓磨のシュートから相手オウンゴールを誘発して勝ち越し。そのまま2-1で勝利した日本が、オーストラリアのW杯予選連勝記録を「11」でストップした。

後半、自身が倒されて一度PK判定となったもののVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で取り消しとなり、その後のFKで強烈なシュートを沈めたフルスティッチは、「3ポイントを落としてしまったから、僕たちは大打撃を受けた」とオーストラリアサッカー連盟を通じてコメントし、失望感を露わに。それでも、W杯予選通過に向けて、揺るぎないチームへの自信を示した。

広告

「獲得できる12ポイントのうち9ポイントを獲得してきた。僕たちはそれに値する。1-1で引き分けていたら受け入れていただろうけど、最後の数分でゴールを奪われたから痛恨だった」

「これからもこのまま続けていくことが大事だ。今までのようにプレーしていけば、僕たちは首位でフィニッシュすることができると、僕は100%確信している」

アジア最終予選グループBでは現在、4連勝のサウジアラビアが首位に。勝ち点9の2位オーストラリア、勝ち点6のオマーン、日本がこれに続いている。