ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

Jリーグは“最高のお手本”…中国人記者は日本のサッカーをどう思う?【開幕特集】

11:39 JST 2018/02/21
2017-12-08-kawasaki01.jpg
いよいよ、23日に開幕が迫った明治安田生命Jリーグ。中国のサッカージャーナリストは、“最高のお手本”と考えているようだ。

いよいよ、23日に開幕が迫った明治安田生命Jリーグ。日本最高峰の熱き戦いが、いよいよ始まる。

今年で開幕25周年を迎えたJリーグだが、世界各国のジャーナリストはどのような印象を抱いているのだろうか。

今回は、世界各国の『Goal』ジャーナリストに質問を送付。彼らの印象について答えてもらった。シリーズでお伝えする。

第4弾は中国。近年は、各クラブが欧州でプレーするビッグネームを引き入れ、話題にのぼることも多くなった中国スーパーリーグ(CSL)。ドイツやスペイン人記者は、「Jリーグには中国のような投資が必要」と口をそろえて言っている。

そんな中国のジャーナリストは、どのような目でJリーグを見ているのだろうか。『Goal』編集部中国版、フー・ジチェン記者が答えてくれた。

■中国でも大人気のJリーグ

フー記者によると、Jリーグは「熱狂的な中国サッカーファンにとっては人気がある」という。日本のサッカー漫画『キャプテン翼』も、中国サッカー少年のバイブルとなっているようだ。

また、頻繁にアジア・チャンピオンズリーグで中国クラブと対戦していることもあり、一般的に多くのクラブが認知されているとフー記者は明かしてくれた。中でも「横浜F・マリノス、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、浦和レッズ」が特に人気があるという。

■CSLにとって最高の“お手本”

大型補強の影響で、世界的に話題に上がることも多いCSL。しかし、様々な面でJリーグに遅れていると、フー記者は感じているという。

「CSLは、大型補強と政府の支援により急速に発展し、各国で注目される価値のあるリーグだろう。しかし、インフラや組織、技術レベル、若手選手の育成、ファンの文化……上げればキリがないが、多くの面でJリーグに劣っている」

「中国のクラブは、将来に投資するために十分な資金を持っている。しかし、今は投資よりも大事なことを考えなければいけない時期だ。その意味でも、Jリーグは最高の見本である」

一部の欧州記者は、「今やCSLがアジア最高のリーグ」との見解を示している。

しかしアジア圏内では、Jリーグや日本のサッカー文化はまだまだ“お手本”にすべき存在のようだ。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ