イタリアがベルギーを撃破! UEFAネーションズリーグ3位の座を手に

(C)Getty Images

UEFAネーションズリーグ3位決定戦のイタリア代表vsベルギー代表が10日にユヴェントス・スタジアムで開催された。

準決勝でスペイン代表に無敗記録を止められたイタリアと、フランス代表に2点リードから後半に大逆転劇を許してしまったベルギーが相まみえた。3位決定戦とあり、イタリアはキエッリーニやヴェッラッティら一部主力がベンチスタートに。ベルギーも負傷離脱したルカクとエデン・アザールが欠場したほか、デ・ブライネなどがスタメンからはずれた。

試合序盤はイタリアがペースを掴んだが、徐々にベルギーも巻き返す。25分には、そのベルギーに決定機。ボックス右からバチュアイが折り返したボールを正面のサレマーカーズが右足で合わせる。しかし、これはバーに弾かれて先制点とはならなかった。

ハーフタイムにかけては再びイタリアが攻勢に出る。45分にはベラルディのフィードで最終ライン裏に抜け出したキエーザがボックス左でシュート。しかし、ゴール右に放ったシュートはGKクルトワの足でのビッグセーブに阻まれる。

0-0で迎えた後半、立ち上がり1分足らずにスコアを動かしたのはイタリアだった。右CKの流れから相手のクリアボールを正面のバレッラが右足ボレー。これがネットに突き刺さり、インテルMFのゴールでイタリアが先手を取る。

広告

ビハインドを背負ったベルギー。マルティネス監督は、59分にデ・ブライネとデ・ケテラエルを投入する。直後にはボックス右のバチュアイが放ったシュートがバーに直撃。すると逆に63分には、ボックス左で仕掛けたキエーザがカスターニュに倒されてPKを獲得する。このPKをベラルディが決め、イタリアがリードを2点に広げた。

その後、反撃に出たベルギーだが、GKドンナルンマの好守もあってゴールが遠い。それでも86分には、クルトワのスローからデ・ブライネとつなぎ、最後はスルーパスでゴール前に抜けたデ・ケテラエルがゴール。ロングカウンターから交代2選手のプレーで1点を返す。

しかし、ベルギーの反撃もここまで。2-1で勝利したイタリアが3位決定戦を制した。