ミランに大打撃…“神”イブラヒモヴィッチは3週間の離脱か。超過密日程の中、7試合を欠場へ

コメント()
Zlatan Ibrahimovic Milan
Getty Images
【欧州・海外サッカー ニュース】ミラン(セリエA)に大打撃。ナポリ戦で負傷したズラタン・イブラヒモヴィッチは、左ハムストリングの損傷でしばらく離脱へ。

ミランFWズラタン・イブラヒモヴィッチは、3週間近い離脱を強いられることになりそうだ。

今季セリエA出場6試合中4試合でドッピエッタ(1試合2ゴール)を達成するなど絶好調で、得点ランクトップの10ゴールを奪うイブラヒモヴィッチ。39歳という年齢ながら衰えなど一切見せず、無敗で首位を快走するミランを力強くけん引している。

しかし23日に行われたセリエA第8節ナポリ戦(3-1)では、2ゴールを奪った後の79分、ハムストリング付近を抑えながらピッチに座り込み、自ら交代を要求。その後アイシングを施しながら試合終了までスタンドで見守っていたが、様態が心配されていた。

『スカイスポーツ』によると、イブラヒモヴィッチは左のハムストリングを痛めたという。今後10日間以内に新たなテストを受けることになるようだ。約3週間の離脱を強いられ、復帰は12月中旬ごろになると伝えている。

ヨーロッパリーグへも出場するミランは今季超過密日程を戦っており、3週間の離脱となれば、7試合近くをイブラヒモヴィッチ抜きでプレーすることになる。2010-11シーズン以来の優勝の可能性もささやかれる中、大エースの離脱は大きな痛手となりそうだ。

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる