ナポリ指揮官ガットゥーゾ「魂が欠如している」インテル戦黒星に憤り…CL再開までの改善に意欲

Getty Images

現地時間28日に行われたセリエA第37節、インテルvsナポリは2-0でホームのインテルが勝利を収めた。この試合はシュート本数8-18(枠内6-2)、ボールポゼッション41-59%とアウェーのナポリが攻勢をかけたものの、要所で決定機をものにしたインテルに軍配が上がっている。

ジュゼッペ・メアッツァでの一戦で敗れたナポリ指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは、「ナポリには魂が欠けている」と物足りなさを口にした。イタリア『Sky』に対して語っている。

「どれだけ相手を上回っても、結局ネットを揺らさない限り勝てないんだ。今シーズン、インテルとはセリエA、コッパと何度も戦っているが、今夜が最高のパフォーマンスだと思った。決定機も多く生み出したが、結果に結びつかなかったね」

「2失点は魂の欠如から生まれたものだ。このようなフットボールをしていては良くない。魂のオン&オフを切り替えるのではなく、できる限りそれを早く取り戻す必要がある」

敗れたナポリは勝ち点59のまま。1試合未消化の6位ミランは勝ち点60となっており、今節の結果次第でナポリの7位フィニッシュが確定する。コッパ・イタリアを制しているため、来季のヨーロッパリーグでは本戦ストレートインが決まっているものの、指揮官はインテル戦黒星に納得がいっていないようだ。

「選手たちの自己満足を見てイライラしているよ。ゴール前で多くのミスが散見される。誰かのせいにはしたくない。チームとしてどう変えるか考える必要があるね」

ナポリは最終節にラツィオと戦った後、8月8日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦のバルセロナ戦を迎える。再開するCLに向け、ガットゥーゾは改めて照準を定めた。

「バルセロナはインテルと完全に異なるチームだ。インテルはフィジカル面で優れ、かなりアグレッシブなスタイルではあるが、バルセロナははるかに優れた質を備えている。そんな中でも自分たちができる可能な限りのことをしなくては。試合までまだ12~13日ほどある。そこまでどう変えることができるのか、じっくりと見てみよう」

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です