ニュース ライブスコア
スーパーリーグ

35歳ラフィーニャがオリンピアコスと契約解消…シャルケ復帰話が消滅でブラジル帰還か

21:40 JST 2021/02/03
Rafinha Olympiakos 2020
【欧州・海外サッカーニュース】2020年夏にオリンピアコスに加わったラフィーニャが、双方合意で契約解消となった。

元ブラジル代表DFラフィーニャが、ギリシャリーグのオリンピアコスと契約を解消した。

現地時間2日、オリンピアコスはチームの公式メディアを通じてブラジル人DFとの契約を、双方合意に伴い終了したと公表している。

ラフィーニャは2020年夏にフラメンゴからオリンピアコスに1年契約で加わっていた。だがギリシャでのプレーは今季前半戦のみで、1年契約を途中で打ち切ってギリシャから離れることに。

これまで同選手について、一部報道ではブンデスリーガ下位に低迷しているシャルケが、かつての右サイドバック(2005年~2010年在籍)であるラフィーニャの復帰を画策しているとされていた。だが1月下旬にシャルケはブラジル人右SBウィリアムを補強しており、シャルケ帰還の線は事実上消滅していた。

そして『Goal』編集部はラフィーニャはブラジル帰還の意向にあるとの情報をキャッチ。その中でも移籍先の有力候補は、先日FWフッキを獲得したアトレチコ・ミネイロと目されている。

1985年生まれのラフィーニャはこれまでコリチバ、シャルケ、ジェノアを経て11-12シーズンからバイエルンに在籍。ドイツ王者には18-19シーズンまで在籍し、2019年夏に母国のフラメンゴと契約を結んだ。その後2020年夏にギリシャリーグへと新天地を求めていたが、35歳のベテランは再び母国ブラジルへ戻ることになりそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】