FAカップで主力温存のチェルシー、怒涛の4ゴールでハルに快勝! 大一番のバルサ戦へ視界良好

コメント()
Getty Images
CLバルセロナ戦が迫るなか、アントニオ・コンテ監督は主力を温存してFAカップのハル・シティ戦に臨んだ。

16日に行われたFAカップ5回戦でチェルシーはハル・シティと対戦。前半で4ゴールを奪ってホームで4-0と快勝を収めている。

今月20日に行われるチャンピオンズリーグのバルセロナ戦が迫っているチェルシー。指揮官のアントニオ・コンテはこの大一番に備え、主力を大幅に入れ替えてこの試合に臨んだ。

エデン・アザール、セサル・アスピリクエタ、アンドレアス・クリステンセン、ティボー・クルトワ、ヌゴロ・カンテらがスタメンから外れ、代わりに冬の移籍市場でローマからやってきたサイドバックのエメルソン・パルミエリや、17歳のセンターバック、イーサン・アンパドゥらがスタメンに名を連ねた。

開始早々にウィリアンのゴールで先制点を奪ったチェルシーは、その後もレギュラーメンバーの不在を感じさせないパフォーマンスを見せる。27分にペドロ・ロドリゲス、32分には再びウィリアン、42分にはオリヴィエ・ジルーらがゴールを重ね、前半だけで4点を奪って試合を決定付けた。

後半にはペドロとセスク・ファブレガスをベンチに下げるなど、チェルシーは盤石の試合運びでベスト8進出を決めている。一方のバルセロナは、16日の午後にエイバルとリーグ戦を戦い、チェルシーよりも休みが1日少ない状態でファーストレグを迎えることになる。

チャンピオンズリーグへ向けて万全の状態を作り出したチェルシーに勝利の女神は微笑むのだろうか。昨シーズンのプレミアリーグ王者は20日、本拠地のスタンフォード・ブリッジでバルセロナを迎え撃つ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる