E-1選手権優勝も“冷静沈着”な韓国代表指揮官…早くもW杯へ照準「日本と高め合っていきたい」

コメント()
Getty Images
16日に行われたE-1選手権で韓国代表が日本代表に4-1で勝利し、2大会連続の優勝を達成した。シン・テヨン監督が今大会を総括した。

EAFF E-1サッカー選手権第3戦が16日に味の素スタジアムで行われ、韓国代表は日本代表に4-1で勝利し、大会2連覇を成し遂げた。シン・テヨン監督が日本戦を振り返った。

試合は序盤に小林悠のPKで日本が先制したが、直後に韓国が1点を返して反撃の狼煙をあげると、その後3ゴールを加点。終わってみれば4-1の快勝だった。シン監督は「韓国にとっては必ず勝たなければならない試合だった」とプレッシャーを感じていたことを明かしつつ、日本戦を次のように振り返った。

「日本と韓国にとってワールドカップの前哨戦のような大会だったが、結果的に韓国が勝ったことは我々にとっても良かった。日本、韓国ともにベストを尽くしたいい試合だったと思う」

「始まってすぐにPKで失点をしたが、そこで崩れることなく選手が気持ちや戦術面で立て直し、さらに逆転をしたことについては拍手したいと思う」

歴史ある日韓戦において韓国が日本のホームで4得点を挙げたのは初対戦となった1954年3月以来63年ぶりとなった。アウェイで手にした大勝もシン監督は「日本と韓国はアジアの代表として共にW杯に出場する。そういった意味で、この大会は韓国だけでなく日本にとっても、勝敗に関係なくそれぞれの弱点を見つめ直すいい機会になったと思う」と冷静な口調で今大会を総括した。

「過去の話になるが、(U-23韓国代表を率いていたときに)リオ五輪の最終予選で決勝で日本と対戦した。韓国は2-0でリードしていたのに、結果として2-3で逆転されてしまった。ドーハにおける2-3の逆転負けは、私の監督としてのキャリアに大きな傷を残したが、むしろいい薬になったし、そういった痛みが大きな財産になったと思う。それによって、今日も絶対に勝たなければならない重圧があったが、過去の失敗が大いに役立った」と、過去の敗戦を糧にリベンジに懸ける思いを吐露した。

さらにシン監督は「日本の(ハリルホジッチ)代表監督は大変な名将」とリスペクトを示し、数日後にもう1度対戦することになったら「(ハリルホジッチ監督は)今日の試合を細かく分析して、問題点を徹底的に把握すると思うので、今日のような結果を出すのは難しいだろう。今日よりも熾烈で激しい戦いになると思う」と語っている。

韓国代表は来年のロシア・ワールドカップで、ブラジルW杯優勝のドイツ、メキシコ、スウェーデンという強豪揃いのグループFに入った。シン監督は「まだまだ補うことが多くある。ワールドカップでいい戦いをするために日本と共に高め合っていきたい」と、W杯へ向けてライバル・日本と高め合う関係を持ちたいと強調していた。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる