E-1選手権で主将任命の昌子源、アジアレベルを肌で感じる「キャプテンとして未熟な3試合だった」

コメント()
Getty Images
日本代表はE-1選手権最終戦で韓国代表と対戦し1-4で敗れた。3試合連続でキャプテンを務めた昌子源が試合を振り返った。

EAFF E-1サッカー選手権第3戦が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は韓国代表に1-4で敗戦。2013年大会以来2大会ぶりの優勝を逃した。試合後、キャプテンの昌子源(鹿島アントラーズ)がフラッシュインタビューに応じた。

「いい時間帯に点も入りましたし、僕らの勢いを見せられたと思うのですが、そこから少し、監督も言っていたのですが、全員プレーするのを怖がっていると言われて、そういう風に捉えられてもおかしくないプレーだったかなと。僕自身も、相手の得意なプレーでやられてしまいましたし、反省するところが多い試合だったかなと思います」

「攻守の切り替えが韓国の方が速かったですし、僕たちが組み立てたくても真ん中を閉じていたので、なかなか隙を作れなかったと思います」

「個人としては、韓国、中国、北朝鮮、全て初めてですし、ACLを抜いてこういう大会は初めて。アジアのレベルを肌で感じられましたし、この3試合、監督からキャプテンを命じられて、キャプテンとしても未熟な3試合だったかなと感じました」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる