セネガルレジェンドが闘病生活の末に42歳で逝去…日韓W杯にも出場

コメント()
2020-11-30-diop
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカー ニュース】元セネガル代表MFパパ・ブバ・ディオプが逝去した。

元セネガル代表であるパパ・ブバ・ディオプ氏が長い闘病生活の末、42歳で逝去した。

ディオプ氏は2002年に行われた日韓ワールドカップにも出場。フランスとの開幕戦では決勝点を挙げ、大会では大きなインパクトを残した。チームもベスト8まで進出し、ディオプ氏は3ゴールを挙げて躍進の立役者となっている。

セネガル代表では63試合11ゴールを記録したディオプ氏は、4度のアフリカ・ネイションズカップにも出場。クラブレベルでは、フラム、ポーツマス、ウェスト・ハム、バーミンガムなどに在籍。2013年に引退するまで、プレミアリーグでは通算129試合に出場していた。

長身と手足の長さを活かしたプレーで、中盤では大きな存在感を発揮していたディオプ氏。かつてポール・スコールズに「最も厄介な選手の一人」として名前を挙げられていたこともあった。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる