Antonio Conte Inter SpeziaGetty Images

6連勝のインテルにコンテ「疲労はあるが素晴らしい勝利。上位維持には継続性が必要」

インテルの指揮官アントニオ・コンテが20日のスペツィア戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、リーグ戦6連勝を喜んだ。

コンテ率いる2位インテルは20日、セリエA第13節で昇格組のスペーツィアとホームのジュゼッペ・メアッツァで対戦。前半をスコアレスで折り返すと、51分にFWラウタロ・マルティネスのアシストを受けたDFアクラフ・ハキミが先制点を挙げ、その20分後にはFWロメル・ルカクがPKを沈めてリードを2点に広げた。

試合終了間際に1点を返されたが、2-1と勝利を収めて首位ミランとの差を「1」のままキープした。コンテはチームのパフォーマンスに満足している。

以下に続く

「我々はこれで6連勝。順位表で上位を維持するためには、継続性を示す必要があるだけに喜ばしいことだ。スペツィアは組織的にあらゆるスペースを消してカウンターを狙ってくる。またフィジカルが強い選手もおり、複雑な試合になることは予想できた。前半、多くのチャンスを作ることはできなかったが、相手にもほとんどチャンスを与えなかった」

「3日ごとに試合をしており、少々疲労が残っていることを考えれば、素晴らしい勝利だったと言える。疲れはあるが、歯を食いしばり、最高の形でこの一区切りを終えたい。臆病になるようなことはあってはならない。勇気をもって臨まなければならない」

続いてコンテは、冬の移籍市場について言及。「何ができて何ができないのかを明らかにすべく、クラブと穏やかに賢く検討していきたい。(アタランタ退団の可能性が囁かれているアレハンドロ)ゴメス?私は自分のチームの選手たちをリスペクトしているのでコメントできない」などと語った。

■ハキミはスクデットより目の前の試合に集中

さらに、今シーズンのリーグ戦4点目を記録したハキミも試合終了後にコメント。「スクデット?それより僕らは目の前の試合に集中し、1試合ごとに向き合っていかなければならない。こうして最後に何が起きるか見守ってみよう。勝つことが重要だったが、クリスマスが近づくにつれて良い感触を感じている」と振り返った。

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

広告