ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

3勝でCL勝ち上がり王手のポルト、指揮官は「あと1ポイントを手にするまで戦い続ける」

21:30 JST 2020/11/26
2019-11-08 Conceicao PORTO
【欧州・海外サッカー ニュース】UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第4節、マルセイユはポルトは0-2で決着した。3勝目をマークしたポルト指揮官のコンセイソンが、試合を振り返った。

ポルト指揮官セルジオ・コンセイソンが、あと一歩に迫った16強勝ち上がりに向けて気概を示している。

現地時間25日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第4節、マルセイユvsポルトは0-2でポルトが勝利を収めた。これでポルトは3勝1敗の勝ち点9に。3位オリンピアコスが勝ち点3のため、ポルトはあと勝ち点1奪取で自力での勝ち抜けが決定する。

マルセイユ戦終了後の会見でS・コンセイソン監督は「まだ1ポイントが必要だ。そのために戦い続ける必要がある」と気を引き締め直した。

「今回はアウェー戦だったが、先制したことである程度優位に進めることができた。10人になったが(PKで)追加点を決め、0-2にすることもできた。それで大勢が決したね。選手たちみんなが素晴らしい仕事をしてくれた成果だ。この勝利は公正なものだと思う」

「ポルトというチームの歴史を踏まえるとチャンピオンズリーグではやはりもっと上にいくべきだと思っている。そのためにはあと勝ち点1が必要だ」

ポルトは次節、12月1日のCL第5節でマンチェスター・シティと戦う。すでに4連勝で勝ち上がりを決めたマンチェスター・C。コンセイソン監督は10月21日の第1節で、敵将ジョゼップ・グアルディオラとタッチライン沿いで激しく口論したこともあり、その因縁が注目されている。

次戦、ポルトはホームでマンチェスター・C相手にどのような試合を見せるのか、指揮官S・コンセイソンの手腕も見どころとなりそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】