ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

CL復帰を目指す名門対決は決着つかず…アーセナルが追いつきドロー

5:55 JST 2019/10/01
Marcus Rashford, Sead Kolasinac, Man Utd vs Arsenal
ユナイテッドはミスから失点でリード生かせず

現地時間30日、イングランド・プレミアリーグは第7節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはホームのオールド・トラフォードにアーセナルを迎えた。

ともにチャンピオンズリーグの舞台が恋しい、かつての黄金カード。CLへの復帰を目指す両名門だが、立ち上がりは互いにスピードのある前線を警戒し、スペースを与えない戦い方で膠着状態が続いた。

ホームのユナイテッドは、左サイドのダニエル・ジェームズが躍動。自慢のスピードを生かして果敢に縦へと仕掛け、ユナイテッドの攻撃に推進力をもたらした。一方のアーセナルでは、18歳のブカヨ・サカがピエール=エメリク・オーバメヤン、ニコラ・ペペという強力な攻撃陣の一角としてプレー。試合の雰囲気に飲まれることなく、落ち着いたプレーを披露した。

試合がにわかに動き出したのは前半の終盤。42分にマーカス・ラッシュフォードが仕掛けてシュートを放つと、44分にはカウンターからサカが仕掛けて左足でシュート。GKダビド・デ・ヘアがはじき、こぼれ球をマッテオ・グエンドウジが押し込むも再びデ・ヘアが体でブロックする。

すると迎えた45分、カウンターから右サイドを抜けたジェームズの折り返しはゴール前のラッシュフォードには合わず、戻したボールをペナルティーエリア手前で受けたスコット・マクトミネイが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上隅へと決まり、ユナイテッドが先制する。

後半の立ち上がりも1点リードのユナイテッドが攻勢に試合を進め、アーセナルは55分にルーカス・トレイラに代えてダニ・セバージョスを投入。すると58分、高い位置でパスミスを奪ったサカがダイレクトでラストパスを送り、抜け出したオーバメヤンがGKデ・ヘアとの1対1を難なく制してネットを揺らす。これは副審が旗を上げたためにオフサイドの判定となったが、VARの結果、ゴールが認められアーセナルが同点に追いつく。

このゴールで一気にアーセナルが盛り返し、60分には完全にゴール前を崩して最後はサカが押し込むだけだったが、ヴィクトル・リンデルフに当たってゴール上へと外れる。

ミスからの失点で守勢に回ったユナイテッドは64分、こぼれ球をペナルティーエリア手前で拾ったポール・ポグバのシュートはゴール右へとわずかに外れ、73分にはハリー・マグワイアが強烈なシュートを放つもGKベルント・レノがファインセーブで切り抜けた。

互いに決勝点が欲しい両チーム。終盤、メイソン・グリーンウッドとフレッジを投入したユナイテッドに対し、アーセナルもリース・ネルソン、ジョゼフ・ウィロックを投入する。

アディショナルタイムにはユナイテッドがゴール正面やや左からのFK得るが、ラッシュフォードの枠を捉えたキックはGKレノが素晴らしい反応ではじき出し、こぼれ球をグリーンウッドが押し込むも空振り。アディショナルタイムの4分間でゴールは生まれず、互いに勝ち点1を分け合う結果に終わった。

■試合結果
マンチェスター・U 1-1 アーセナル

■得点者
マンチェスター・U:マクトミネイ(45分)
アーセナル:オーバメヤン(58分)

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です