ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

CLグループステージ敗退危機のドルトムント、ボス監督「難しくなってしまった」

11:28 JST 2017/10/18
Pierre Emerick Aubameyang APOEL Borussia Dortmund Champions League 17102017
アポエルに引き分けたドルトムント。指揮官も突破が難しくなったことを認めている。

ドルトムントのピーター・ボス監督は、アポエル戦に引き分けたことで、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出が厳しくなったことを認めた。UEFA公式サイトが伝えている。

ドルトムントはCLグループステージの開幕2試合を連敗スタート。レアル・マドリー、トッテナムと同居する“死のグループ”で厳しい幕開けとなった。第3節の格下アポエル戦では勝利が義務付けられたが、敵地で苦戦し、1-1の引き分けに終わっている。

ボス監督は試合後、「結果にはがっかりしている。いいスタートを切れたが、その後が続かなかった。それからスピードが遅くなり、悪くなっていってしまった」と反省点を語る。

続けて、チームが思うような試合運びができなかったことを認めた。

「自分たちを見つめ直さなければならない。ボールを前に素早く進められなかった。改善しようとしたが、実行できなかった。このような試合では先制点が重要になる。前半はチャンスがあったが、決められなかった」

一方で、レアル・マドリー対トッテナムは1-1のドローに終わり、厳しい状況となった。それでもボス監督は前を向いている。

「マドリーでの結果も我々にとってはよくなかった。難しくなったことはわかっているが、ホームではアポエルに勝たなければならない。それから残り2試合を見てみよう」

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう