CLを控えるパリSG指揮官エメリ、レアル・マドリーの大舞台の強さを警戒

コメント()
Getty Images
リーグ・アンの首位を走るパリ・サンジェルマン。それでも、エメリ監督はリーガ・エスパニョーラで不調に苦しむ白い巨人は大舞台では本来の力を発揮してくるだろうと考えているようだ。

パリ・サンジェルマンを率いるウナイ・エメリ監督は、今季調子を落としていてもレアル・マドリーが世界最高のチームであると主張した。

14日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でジネディーヌ・ジダン率いるレアルとの対戦を控えるPSG。リーグ・アンでは2位に12ポイント差をつけ首位を独走している。

一方のレアルはリーガ・エスパニョーラで首位バルセロナに17ポイント差を付けられており、コパ・デル・レイでもベスト8で敗退するなど今季は不調に喘いでいる。

しかしリーグでは不調のクリスティアーノ・ロナウドも、チャンピオンズリーグでは9ゴールを記録。PSG指揮官は、大舞台では本来の力を発揮する選手がレアルには多くいるため油断できないと語った。

「レアル・マドリーは世界最高のチームだ。獲得したタイトルの数も選手のクオリティにおいてもだ。クリスティアーノ・ロナウドがその例だ。重要な試合ではベストプレーヤー達が出場するだろう。彼らはそういった選手達を持っている。しかしそれは我々も同じだ」

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる