C大阪MF水沼宏太「初めて一緒のタイトルを取れた」…父に近づく一歩を実感

コメント()
(C)Getty Images
セレッソ大阪MF水沼宏太が天皇杯決勝を振り返った。

第97回天皇杯サッカー選手権大会決勝が1月1日に埼玉スタジアム2002で行われ、セレッソ大阪が横浜F・マリノスを延長の末に下し、今季二冠を達成した。決勝ゴールを決めたMF水沼宏太が今シーズンを振り返った。

「頼りになる仲間とこうやってサッカーできて、自分がやるべきことをしっかりやれば、とにかく結果がついてくるっていうのを証明できたシーズン」と語る水沼。リーグ戦では「先制されたら、ずるずる失点する試合が多かった」と反省しつつ、今日の試合について以下のように話した。

「逆転勝ちをできる力がついたっていうのは、間違いなく成長した部分。今日に関しても、決められたけど『大丈夫だよ』っていう感じで声を掛けてました。そこに関しては余裕というか、いい意味で落ち着きがあったので。そこは問題ないかなとは思ってました」

水沼の父である元サッカー日本代表の水沼貴史氏は現役時代、多くのタイトルを獲得しており、もちろん天皇杯での優勝も果たしている。記者からその名前が挙がると、水沼は「初めて一緒のタイトルを取れた。まだまだ追いつけない部分はありますけど、1つ取れたのはうれしい」と答えた。

水沼はFC東京からの期限付き移籍中。記者から“クラブへの愛着”について聞かれると、「1年しかいないし」とはぐらかし、「タイトルが2つ取れたっていう場に、僕も関われたのはうれしいこと。幸せなこと」と語る。

そして「こんなにうまくいくシーズンにはなると思わなかったです。でも、自分が持てるもの、それ以上のものを出せるように毎日準備してきました。ケガがあった時もみんなが助けてくれた。最高の仲間なので、そういう意味では愛着というか、チームメイトに感謝してます」と、充実したシーズンを過ごせたことを強調した。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる