「競争はピッチで」遠藤渓太をライバル視するウニオン・ベルリンMF…左ウィングを争う戦い

2021-01-02-endo
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカーニュース】ウニオン・ベルリンのマリウス・ビュルターが、同じポジションの遠藤渓太との関係について語った。

ウニオン・ベルリンMFマリウス・ビュルターは、2列目の左サイドでポジションを争う日本代表MF遠藤渓太からどのような印象を受けているのだろうか。地元紙『ベルリーナ・ツァイトゥング』のインタビューに応じた際、ライバルとの関係について語った。

現在27歳のビュルターは2019年夏に当時2部のマグデブルクからウニオンにレンタル加入。自身初めての1部挑戦ながら、3-1で制した19—20シーズン第3節のボルシア・ドルトムント戦で2ゴールを決めるなどで注目を集めると、公式戦7ゴール5アシストといった数字を残している。

だが今夏、クラブは左ウィングを本職とする同選手を買い取るも、新たに横浜F・マリノスから同じポジションの遠藤を期限付きで獲得。筋肉系の負傷などにより、出場機会が公式戦7試合(先発2試合、1ゴール)と限られているライバルについて、ビュルターはこのようなコメントした。

「上手くやっていると思う。彼にとっては難しいはず。まったく違う文化からやって来て言葉も違う。余裕ではないことが想像できる。でも、どんどんよくなってきているよ。ドイツ語はまだ無理だけど、英語で話せるからね。(ドイツ語は)少し理解できていると思うけどね」

新型コロナウイルスに感染し、3週間程の離脱を強いられたビュルターはこれまで公式戦13試合に出場(1ゴール)。遠藤とのライバル関係についても触れている。

「競争はピッチのみだ。ドレッシングルームではそんな感じはまったくない。彼のことを気に入っているし、仲良くしている。競争はお互いにとってプラスになると信じている」

ブンデスリーガ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる