遠藤渓太、移籍後初めてブンデス1部との試合に出場…ウニオン主将が語る印象は?

コメント()
20200815_Keita Endo_Union Berlin
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカーニュース】ウニオン・ベルリンのオーストリア代表DFクリストファー・トリメルは、新加入の日本代表MF遠藤渓太の印象を語った。

ウニオン・ベルリンの主将を務めるオーストリア代表DFクリストファー・トリメルは、新加入の日本代表MF遠藤渓太のパフォーマンスに言及。ドイツ誌『キッカー』がコメントを紹介した。

今夏に買い取りオプション付きのレンタルで、横浜F・マリノスからウニオンに渡った遠藤。プレシーズンでこれまではドイツ3部や2部のチームとのテストマッチに出場していたが、22日には初めて同じブンデスリーガ1部のケルンとの対戦を経験。70分までの出場で、18分や後半開始直後には惜しいシュートを放つなど、何度か見せ場をつくるも得点には絡めなかった。

結局1-2で敗れた試合後、33歳の右サイドバック及び右サイドハーフのトリメルが遠藤について言及。2014年にラピッド・ウィーンから加わったベテランは「彼はフィジカル面においてはまだ慣れる必要があるね」と語り、「僕も同じだった。時間が必要だったんだ」と自身の移籍当初の経験を引き合いに出すと、「彼には十分な時間を与えなければいけない。でもなかなか良いものを持っているよ」と課題を指摘しつつ称賛を口にした。

一方で、オリヴァ―・ルーネルトGM(ゼネラルマネジャー)はサイド攻撃のメンバーに関しては満足の様子。「極めて良い状況だ」と話し、新たに加えた遠藤のほか、シェラルド・ベッカーやマリウス・ビュルター、ヨシュア・メースやマルクス・イングヴァートセン、アカキ・ゴギアがポジションを争うポジションに関して、「ウニオンにしては本当に素晴らしい競争だ」と喜びを示していた。

ブンデスリーガ|最新ニュース、順位表、試合日程

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です

閉じる