ナポリ戦勝利で首位キープもイブラの負傷にミラン代理監督「筋肉系のトラブル」

コメント()
Daniele Bonera Milan Serie A
Getty
【欧州・海外サッカーニュース】ミラン(セリエA)の監督代理を務めたダニエレ・ボネーラが試合終了後、負傷したズラタン・イブラヒモヴィッチやチームについて語った。

新型コロナウイルスに陽性反応を示したステファノ・ピオリに代わり、チームの指揮を執ったダニエレ・ボネーラが、22日のナポリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、試合を振り返った。

首位ミランは22日、セリエA第8節においてOBのジェンナーロ・ガットゥーゾ率いる強豪ナポリと敵地で対戦。今シーズン4度目のドッピエッタ(1試合2得点)を記録した39歳のFWズラタン・イブラヒモヴィッチの活躍などにより、3-1で公式戦3試合ぶりの勝利を収めた。

新型コロナウイルスに感染して隔離中の指揮官ピオリとジャコモ・ムレッリ副監督に代わってベンチに座ったボネーラは、喜びを口にしつつ、謙虚な姿勢を示した。

「ピオリは非常に満足していて、選手全員を称えていた。この勝利により、我々の確信はより強まった。長い道のりを歩んできたが、我々は現在、頂点に立っている。まだ第8節を終えたばかりだが、可能な限りキープできるよう努力していきたい」

「リーグ優勝を目指して多くの投資を行ってきたチームがあるが、我々はすぐさま優勝するために作られたチームではない。1試合ずつこなし、成長を遂げていきたい。我々に優勝しなければならない義務はないし、スクデットを語るにはまだ早いと考える」

続いてボネーラは、79分に左太もものトラブルを訴えて交代したイブラヒモヴィッチの状態を案じた。

「イブラに関して聞いたことは、筋肉系のトラブルであるということ。今後、検査を行い、回復までにどれほどの時間がかかるのかは近日中に分かるだろう。詳細はまだ分からないが、ズラタンがピッチから下がることは通常はないので、ケガは確かだろう。検査の結果を待ちたい」

セリエA|最新ニュース、順位表、試合日程

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる