アザール再離脱を心配するベルギー代表ドクター「慢性的な状態。悪循環に陥った」

Eden Hazard, Real Madrid
Getty
【欧州・海外サッカーニュース】レアル・マドリー(ラ・リーガ)のエデン・アザールがまたしても負傷し、6週間程度離脱することが予想される。

ベルギー代表のチームドクターがエデン・アザールのコンディションへの心配をあらわにした。

2019年夏のレアル・マドリー加入以降、度重なるケガに泣かされるアザール。3日には、左大腿直筋を負傷したことが発表され、長くて6週間を離脱すると予想されている。最大で1億3000万ポンドとされる移籍金により、憧れのスペインの名門の一員となったベルギー代表FWだが、加入からの約1年半で負傷はすでに9回を数えるようだ。

アザールが幾度となく負傷することを受け、代表チームのクリストフ・サス医師はベルギー『Nieuwsblad』で「私たちは詳細を待っているが、心配なのは明白だ」と話し、心配を続けた。

「シーズンのこのタイミグでの負傷はEUROへの心配事にはならないし、むしろ良い休養期間になる。しかし、エデンの場合は異なる。これは再発であり、予後不良の慢性的な状況だ。最初に足首、そして筋損傷。まったくもって喜ばしいことではない。エデンは悪循環に陥っており、ここから抜け出すことは簡単ではない」

「フットボーラーである限り、ボールを蹴り、ターンし、ジャンプし、すべてをハイスピードで行えなければいけない。もちろん、リハビリテーションの最中にはさらに難しいことばかりだ。彼にはスピードと継続性が必要だ。現状は我々にとってまだひどいものではないが、エデンは早急に悪循環から脱しなくてはならない」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる