クラブW杯組み合わせが決定…オルンガ加入のアル・ドゥハイルはアフリカ王者と対戦

Liverpool Club World Cup 2019
Getty
【欧州・海外サッカー ニュース】クラブ・ワールドカップ2020の組み合わせが決定。

2月にカタール開催される予定のクラブワールドカップ2020の組み合わせが決定した。

今大会では欧州王者バイエルン・ミュンヘンが参戦。南米王者は未定だが、コパ・リベルタドーレス決勝でパルメイラスとサントスの勝者が参加する予定となっている。

また、開催国枠で出場するのは元柏レイソルのFWオルンガが加わったアル・ドゥハイル。一方で、オセアニア代表のオークランド・シティが新型コロナウイルスの影響を考慮し、参加を辞退したため、今大会では2回戦からスタートする。

2回戦ではアル・ドゥハイルが、アフリカ王者のアル・アハリと対戦。また、アジア王者の蔚山現代は、北中米カリブ海王者のUANLティグレスと戦う。欧州王者バイエルンは準決勝から参戦し、アル・ドゥハイルとアル・アハリの勝者と対戦する。

なお、決勝と3位決定戦は2月11日に行われる予定だ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる