ファーディナンドの再来?称賛集まるアーセナルDFサリバ「長い間デビューを待っていた」

saliba arsenal(C)Getty Images

アーセナルDFウィリアム・サリバが、プレミアリーグデビュー戦を振り返った。

2019年にアーセナル加入が決定したサリバ。その後はレンタルでのプレーが続いていたが、昨季マルセイユで急成長を見せてリーグ・アンの年間最優秀選手賞を獲得し、さらにフランス代表にも招集を果たした。今夏には所属元であるアーセナルへ復帰し、プレシーズンでも印象的なパフォーマンスを見せていた。

そして5日に行われたプレミアリーグ開幕戦で、サリバは右センターバックとして先発出場。クリスタル・パレス相手に難しい展開を強いられたゲームでも存在感を発揮し、2-0の勝利に大きく貢献している。

試合を放送した『スカイスポーツ』のマン・オブ・ザ・マッチにも輝いたサリバは、インタビューで「ここでの試合は難しいとわかっていたけど、僕らは力強く、ソリッドだった」と振り返った。

加入からしばらくはレンタルでの生活が続き、今夏の移籍も噂されたサリバ。そんな中でのプレミアリーグでのデビュー戦について、「長い間デビューを待っていた。クリーンシートと勝利で始められたことは嬉しいよ。自信のためにも重要なんだ」と喜びを語っている。

『スカイスポーツ』の解説者で、現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで数々のタイトルを手にしたギャリー・ネヴィル氏からは「非常に印象的だった。若い頃のリオ・ファーディナンドを思い出したよ」と絶賛されたサリバ。21歳DFの今後の活躍にも注目が集まっている。

▶【SPOTV NOW】プレミアリーグ全試合ライブ配信!今すぐ視聴登録