「開幕戦の勝利は重要だが、改善点はかなり多い」アルテタが反省口に…補強は「いくつか進行中」

arteta arsenal 22-23(C)Getty Images

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、プレミアリーグ開幕戦を振り返った。

2022-23シーズンこそトップ4フィニッシュを狙うアーセナル。オープニングゲームとなった第1節では、敵地でクリスタル・パレスと対戦した。前半のうちにセットプレーからガブリエウ・マルティネッリのゴールで先制に成功したものの、後半は押し込まれる苦しい展開に。それでも85分には追加点も奪い、2-0で白星発進を飾っている。

試合後、アルテタ監督は『スカイスポーツ』で「もっとも重要なことは初戦に勝って、自信と勢いをつけることだ」と喜びつつも、「そしてその上で、改善点について語ることができる。正直に言って、今日はかなり多かったね」と反省を語っている。

また、今夏アーセナルに復帰してプレミアリーグデビューを飾ったウィリアム・サリバについて「見事だったね」と称賛。そして、以下のように続けている。

「試合の入り方と最初の30分は素晴らしかったが、もっとゴールを奪うべきだった。試合が経過するにつれて望んでいないプレーを強いられたが、パレスはそうできるチームなんだ。ここで勝つためには苦しまなければならない。我々はそうやってきたし、こういう場所で勝つというメンタリティを築きたいんだ」

なお、新選手の獲得についても問われると「トライしていくつもり。今はいくつかのことが進行中だが、もし獲得できれば素晴らしいね。だが、今はここにいる選手たちでやっていく」と補強を進めていることを示唆した。

▶【SPOTV NOW】プレミアリーグ全試合ライブ配信!今すぐ視聴登録