ニュース 試合速報・結果
プレミアリーグ

心臓の問題が心配されたオーバメヤン「僕は元気だ」と報告…去就に関しPSGなどから問い合わせか

16:00 JST 2022/01/21
Pierre-Emerick Aubameyang Arsenal 2021-22
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】健康が確認されたアーセナル(プレミアリーグ)のピエール=エメリク・オーバメヤンは、1月に新天地を求めるのだろうか。

アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、健康状態に問題がないことを強調した。

ガボン代表主将として、アフリカ・ネイションズカップ出場に向けて準備を進めていたオーバメヤン。しかし、初戦のコモロ戦の数日前に新型コロナウイルス検査で陽性が判明。隔離を経て第2戦ガーナ戦での復帰が予想されていたが、メディカルチェックで心臓に問題があることがわかった。そして、1試合も出場しないまま詳細な検査をするためにチームを離れ、アーセナルに戻ってきている。

そんな中20日、検査を受けたオーバメヤンは自身の『Instagram』で「いくつかの検査をするためにロンドンに帰ってきた。僕の心臓はとても元気で、とても健康だと言うことができてハッピーだ」と報告した。

イギリス『スカイスポーツ』によると、32歳のガボン代表FWはMRIと心電図の検査を受けたようで、いずれも問題なしという結果だったようだ。

しかし、オーバメヤンのアーセナルでの状況は厳しいまま。昨年12月上旬に規律違反により主将を剥奪されて以降、ガボンチームのトレーニングに合流するまでベンチ外が続き、チームとは離れて練習するとまで報じられていた。

そんなストライカーに対しては、先日サウジアラビアのアル・ナスルから買取義務が付帯する期限付き移籍のオファーがあったことが『Goal』の取材で判明。さらに『スカイスポーツ』によると、ミラン、ユヴェントス、パリ・サンジェルマン、マルセイユ、セビージャを含む複数のクラブから、アーセナルに移籍可否に関する問い合わせがあったようだ。