ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナル、今夏2人目の補強は21歳ベルギー代表MF…移籍金は27億円に

7:34 JST 2021/07/20
albert lokonga
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】アーセナル(プレミアリーグ)は、アルベール・サンビ・ロコンガと長期契約を締結した。

アーセナルは、アンデルレヒトからアルベール・サンビ・ロコンガを獲得したことを発表した。

昨シーズンのプレミアリーグで8位に沈み、新シーズンのヨーロッパカップ戦出場権を逃したアーセナル。巻き返しを誓う同クラブは、今夏の移籍市場ですでにヌーノ・タヴァレスを獲得し、ベン・ホワイトの移籍に迫ると報じられるなど積極的な動きに出ている。

そんな中19日、アーセナルはかねてからアンデルレヒトと交渉を続けてきたロコンガの獲得を発表。双方は2026年夏までの5年契約を締結した模様で、同選手は23番に“Sambi”の名前が刻まれるユニフォームを着用することになる、なお、移籍金は1800万ポンド(約27億円)になるようだ。

ミケル・アルテタ監督は、ロコンガの獲得を受け、クラブの公式ウェブサイトで「アルベールはパフォーマンスにおいて高い完成度を見せるとても賢い選手だ。アンデルレヒトではヴァンサン・コンパニに良く指導されていた。ヴァンサンはアルベールのことを非常に高く評価している。アルベールがキャリアにおいて次のステップに進むための準備ができていると我々は確信している」と期待を寄せた。

アンデルレヒトのアカデミー出身のロコンガは、昨シーズンには公式戦37試合でプレーし、シーズン中盤以降は21歳ながら主将を任されるタレントの宝庫ベルギーの新たな逸材。マッテオ・グエンドウジやダニ・セバージョスらが抜けた中盤の新たなオプションになることが期待される。