菅原由勢所属のAZ、国内外で好調も監督解任…名門から引き抜きの噂受け

コメント()
2020-12-05-az
(C)Getty Images
【欧州・海外サッカー ニュース】エールディヴィジのAZが監督を解任。

AZは5日、アルネ・スロット監督の解任を決断した。

日本代表DF菅原由勢が所属するAZ。今季はヨーロッパリーグ(EL)に参戦し、ナポリやレアル・ソシエダと同居するグループとなったが、第5節終了時点で決勝トーナメント進出の可能性を残す。また、エールディヴィジでも開幕から9試合無敗を続け、国内外で好調をキープしている。

だが、オランダ国内の報道によると、名門フェイエノールトがスロット監督の引き抜きを画策している模様。また、スロット監督自身もフェイエノールトへのステップアップを見据えたこともあり、AZは解任を決断したようだ。その理由についてマックス・ハイベルツTD(テクニカルディレクター)はこのように説明した。

「我々はアルネと話し、今すぐ彼に別れを告げることを選んだ。クラブとしては、AZの仕事に集中している監督にチームを率いてもらいたいんだ」

現在42歳のスロット氏は、2017年からAZのアシスタントコーチに。昨季からトップチームの監督を率い、アヤックスに続く2位でシーズンを終えていた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】

閉じる