A・トゥランがついにバルサ退団を直訴か「世界で最も偉大なクラブだが…」

コメント()
AA
トルコメディアが報じる

バルセロナMFアルダ・トゥランが、同クラブに対して退団を直訴したという。トルコ『ファナティック』が伝えている。

今季、エルネスト・バルベルデ監督率いるチームで実質的に戦力外扱いとなっているA・トゥラン。『ファナティック』によると、同選手は20日午前にクラブのペップ・セグラGM(ゼネラル・マネージャー)に対して、退団する意思を伝えた模様だ。

A・トゥランはセグラGMに、次のような言葉を口にしたとされる。

「今、出て行きたい。バルサは世界で最も偉大なクラブであり、その考えは変わらない。だが、決断を下すときが訪れたと思っている」

『ファナティック』によると、A・トゥランは来夏の移籍市場を待たず、この冬に出て行くことことを希望している模様。その移籍先には、古巣ガラタサライが挙げられている。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
3試合で22人がプレーした森保ジャパン。ウズベク戦サブ組起用の意義
次の記事:
指揮官カランカ解任のノッティンガム・フォレスト、後任監督にオニールを招へい
次の記事:
GKカシージャ、レアルで出番がなく自由移籍でリーズへ移籍…契約は2023年までの4年半
次の記事:
元マンチェスター・U監督モウリーニョ氏、早急な復帰を否定も「まだ56歳。これからも指導したい」
次の記事:
遠藤航、塩谷司のミドル一閃に「(青山敏弘を含め)ボランチは良い選手がいるので刺激になった」
閉じる