A・サンチェスの行末は?マンチェスター・Cが最右翼候補も必要以上の支払いは拒否

コメント()
提示価格の3,500万ポンドを支払う気はないものの、プレミアリーグの上位を占める複数のクラブがアーセナルとの交渉を続ける。

■サンチェス獲得レースをリードするシティ

マンチェスター・シティは依然として、1月にアレクシス・サンチェスを獲得する期待を抱いている。とはいえ、マンチェスター・ユナイテッドも同選手の獲得に向けてアプローチを仕掛けているようだ。『Goal』の取材によって明らかとなった。

シティとしては、プレミアリーグのライバルクラブによる興味が明らかになったとはいえ、サンチェス獲得プランを変更することはなく、さらにそれ以外に少なくとも一人の新戦力の獲得に向けて動いていると見られる。

そう、ユナイテッドがサンチェスについてアーセナルにアプローチを仕掛けていると報じられたのは11日のこと。シティの関係者は、このアプローチが代理人やライバルクラブに対するけん制行為なのか、それとも同じ街のライバルが本気で獲得を試みているのかについて、判断をつきかねているようだ。

いずれにしても、マンチェスター・Cは冬の移籍市場が閉じるまでにサンチェス獲得を目指して、アーセナルとの交渉を継続することになるだろう。

プレミアリーグの上位を走るクラブは、サンチェスがすでにペップ・グアルディオラと仕事をすると決心しているため、他のいかなる移籍話にも耳を貸さないだろうと考えている。

つまりシティは、昨夏のダニエウ・アウベスの獲得騒動の時と似たような状況に置かれていると言えるかもしれない。このブラジル人サイドバックはシティ加入について個人合意に達し、ユヴェントスからの退団を決意し、さらにはグアルディオラとバルセロナで昼食までともにしていた。

しかしその面会からわずか数日後、アウベスはパリ・サンジェルマンとの契約にサインをした。まるで結婚式場でシティを教会の祭壇に残すかのように。

一方で、クラブ関係者はサンチェスとのシチュエーションはそれとは全く異なると強調する。

アウベスの新しい妻がパリでの生活を希望したこと、ネイマールのバルセロナからの移籍が迫っているというニュースが出ていたことが大きな要因として、アウベスの決断は方向転換することになった。しかしシティは、サンチェスが自身のキャリアのトップレベルを終える前にトロフィーを勝ち取ること、攻撃的フットボールをプレーすること、そしてバルセロナ在籍時に続いて再びグアルディオラのチームに加わることをすでに心に決めていると、関係者は信じている。

とはいえ、もしそれが事実であったとしても、シティがアーセナルと合意に達しなくてはならないことに変わりはない。その目標は、今週の交渉では達成されることはなかった。

Malcom Bordeaux

■サンチェス移籍の障壁は…

『Goal』では、シティとアーセナルの両クラブが1月の移籍に向けて交渉を開始したことを報じたが、シティにはアーセナルが提示する3,500万ポンド(約53億円)という金額を支払うつもりは毛頭ない。また、ガナーズには今月中にサンチェスを売却したい考えがあるものの、このチリ人を放出する前に代役となる新戦力の確保が必要だ。

ボルドーの若手FWマルコムの獲得に関心を持つプレミアリーグの3つのクラブの一つがアーセナルであることはすでに周知の事実。同選手に近い関係者によれば、冬の移籍市場でマルコムを売却する希望はないとしながら、今月中にアーセナルへ移籍する可能性は依然として残されているようだ。

シティにとっては、アーセナルがマルコムもしくはその他の代役の獲得を決定できるかどうかが、一刻も早いサンチェスの獲得に向けた唯一の障壁であるとみなしている。ユナイテッドのサンチェスへの興味は、それが本腰であろうがなかろうが、クラブ内にいかなる混乱をも引き起こしてはいないようだ。

シティはまた、ビルヒル・ファン・ダイクがリヴァプールへと移籍したことを受けて、ウェスト・ブロムウィッチのDFジョニー・エヴァンスの獲得に向けて根回しを開始したとも言われている。

レアル・ソシエダのイニゴ・マルティネスもシティが獲得に関心を寄せるプレーヤーの一人だが、ヨーロッパリーグでプレーした後にチャンピオンズリーグのノックアウトステージに出場登録ができるのは各チームにつき一人だけと定められているため、シティは今月の獲得を見越しているサンチェスをヨーロッパ大会のリストに入れることにより重点を置いているだろう。

また、シティの関係者は『Goal』に対し、来夏の補強に向けて今月中にさらなる移籍話をまとめあげる可能性を模索しているとも語っている。

来シーズン開幕前の加入を見越しては、さらに複数のCBや中盤でプレーメイクが出来る選手の獲得も目指している。さらに、もしクラウディオ・ブラボがクラブを去るとすることになるならば、GKの補強も必要とされるだろう。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
チェルシーが劇的弾で今季初黒星を免れる…マンチェスター・Uはマルシャル2発も勝利ならず/プレミアリーグ第9節
次の記事:
クラブ史上最低の得点力…レアル・マドリー、8時間1分の無得点記録を樹立して敗戦/リーガ第9節
次の記事:
齋藤学、苦しみ続けて今季初ゴール「今日がラストチャンスだと思っていた」
次の記事:
【動画】清武のボレー弾でC大阪が4試合ぶり勝利! FC東京はホームで痛恨の敗戦/J1第30節
次の記事:
首位川崎、イニエスタとポドルスキ共演の神戸を逆転で5発粉砕…独走態勢か/J1第30節
閉じる