7連勝で昇格PO滑り込みの千葉、エスナイデル監督が来季続投「クラブの期待に応えられるように」

コメント()
J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉のフアン・エスナイデル監督が来季も続投することが決定した。

ジェフユナイテッド千葉は19日、フアン・エスナイデル監督との契約を更新し、来季も続投することを発表した。

スペイン出身、44歳のエスナイデル監督は、現役時代にレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、ユヴェントスといったビッグクラブを渡り歩き、2005年にアルゼンチンのニューウェルズで現役を引退。2008年からヘタフェのアシスタントコーチに就任し、指導者としてのキャリアをスタートさせると、その後、レアル・サラゴサ、コルドバCF、ヘタフェの指揮官を歴任し、2017シーズンから千葉の監督に就任。

就任後は、選手への食事管理を徹底し、ハイプレス、ハイラインの超攻撃サッカーを展開するなど、大改革を敢行。これが功を奏し、終盤に破竹の7連勝を飾り、逆転で3年ぶりのJ1昇格プレーオフ進出を決めた。

来季続投が決定したエスナイデル監督は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「私にとってこのチーム、この選手たちを率いることができてとても誇りに思っています。そしてこのチームを続けさせていただけるという社長、GMの判断に本当に感謝しています。クラブの期待に応えられるように頑張りたいと思います。最後にこのクラブに関わる全ての人に感謝します」

J1昇格プレーオフに出場する千葉は、26日に準決勝で名古屋グランパスと対戦する。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
デュッセルドルフ、敵地で貴重な勝ち点3…宇佐美と交代のFWが決勝点
次の記事:
長谷部フル出場のフランクフルト、魅惑のトリオが揃い踏みで後半戦3発白星スタート
次の記事:
高まる競争力。誰が出るか分からない状態…遠藤航「スタメンを固定している感じではない」
次の記事:
アンチェロッティ、選手ジダンの影響力を語る「彼がいたから実践するプレースタイルを変えた」
次の記事:
ウズベク戦で自信を手にした伊東純也。サウジ戦でも「攻撃のところで違いを見せたい」
閉じる