6大会連続6回目のW杯出場を果たす日本代表…これまでのW杯における成績は?

コメント()
(C)Getty Images
日本代表のW杯における成績を振り返る。

6大会連続6回目となるワールドカップ出場を決めた日本代表。ここで、W杯における過去の成績を振り返る。

日本がW杯初出場を果たしたのは1998年のフランス大会だ。出場を決めたアジア最終予選のイラン戦は“ジョホールバルの歓喜”と呼ばれた。また、大会直前に岡田武史監督が、長く日本のエースとして活躍したFW三浦知良を代表メンバーから外したことは、賛否両論を生んだ。グループリーグ第1戦のアルゼンチン戦、第2戦のクロアチア戦は、いずれも0-1で敗戦。第3戦のジャマイカ戦では、FW中山雅史が日本史上初となるW杯での得点を挙げるも、1-2で敗れた。

2002年の日韓W杯は、開催国のため予選が免除。指揮を執るフィリップ・トルシエ監督は、3バックがハイラインを維持する戦術を採用し、“フラットスリー”と呼称された。日本は初戦のベルギー戦を2-2で引き分けて史上初の勝ち点を獲得すると、第2戦のロシア戦で1-0の勝利を収める。さらに第3戦のチュニジア戦も2-0の白星を挙げ、決勝トーナメントに進出する。しかし、1回戦でトルコに0-1で敗れ、ベスト16で大会を終えた。

2006年のドイツ大会で指揮を執ったのは、Jリーグでもプレーした元ブラジル代表のジーコ監督。第1戦の相手は、当時オセアニアサッカー連盟に所属していたオーストラリアとなった。この試合はMF中村俊輔のゴールで先制するも、1-3で逆転負け。第2戦はクロアチアとスコアレスドローとなった。第3戦のブラジル戦はFW玉田圭司のゴールで先制するも、1-4の逆転負け。勝ち点1でドイツを去ることになった。

ジーコ監督の後任となったイビチャ・オシム監督は、健康上の問題により任期途中で退任。2010年の南アフリカ大会は、岡田武史監督に託された。第1戦は、FW本田圭佑のゴールにより、カメルーンに1-0で勝利。第2戦のオランダ戦は0-1で敗れるも、第3戦でデンマークに3-1と勝利を収め、グループリーグを突破する。決勝トーナメント1回戦はパラグアイと対戦。延長戦をスコアレスドローで終えるもPK戦で敗れ、またもベスト8進出とはならなかった。

2014年のブラジルW杯は、アルベルト・ザッケローニ監督が指揮。第1戦のコートジボワール戦は、本田のゴールで先制するも1-2と逆転負け。第2戦のギリシャ戦はスコアレスドローで終える。勝利が必要となった第3戦・コロンビア戦は、FW岡崎慎司のゴールで一時は同点とするも、1-4で大敗を喫した。勝ち点1の最下位でグループリーグ敗退となっている。

日本のW杯における通算成績は4勝4分け9敗。日本が勝利を収めた国はロシア、チュニジア、カメルーン、デンマークで、引き分けた国はベルギー、クロアチア、パラグアイ(PK戦)、ギリシャとなっている。なお、総得点数は14で、総失点数は22。本田の3得点が最多で、岡崎と稲本潤一が2得点で続く。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
次の記事:
“難敵”サウジを警戒するも…原口元気は大一番に向けて自信「いつも通り一番良い準備ができた」
次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
次の記事:
注意すべきは序盤の失点。サウジのスピードを封じ、原口、南野らアタッカー陣はサイドと裏を突けるか
閉じる