42歳・GK川口能活がJ通算500試合出場を達成…次なる目標は「来季、現役を続けられるように」

コメント()
J.LEAGUE
SC相模原に所属するGK川口能活が、19日の明治安田生命J3リーグ第32節のFC東京U-23戦でJ通算500試合出場を達成した。

SC相模原に所属するGK川口能活が、19日に行われた明治安田生命J3リーグ第32節のFC東京U-23戦で、Jリーグ通算500試合出場を達成した。

現在42歳の川口は、1994年に横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入。2001年にはイングランドのポーツマスへ移籍し、海外デビューし、2003年からはデンマークのノアシェランでプレー。2005年にジュビロ磐田に加入し、Jリーグ復帰を果たすと、その後FC岐阜に移籍し、2016年より相模原に所属している。500試合の内訳は、J1・421試合、J2・43試合、J3・36試合となっている。

日本代表としても3度のワールドカップメンバーに選出されるなど、輝かしい成績を残す川口は、通算500試合達成に「色んな人たちの力があって、この記録を達成できた。本当に感謝の気持ちしかないです」と周囲への感謝の言葉を惜しまなかった。

「ハードワークしてとにかくアピールすることを続けてきた」と、42歳になっても選手としての向上心が尽きない川口。「このままベンチに座っているのではなく、自分は諦めずにやりたかった。このままでは終わりたくない気持ちが一番強かったです。サブに居続けたらプレーヤーとして続けられないという危機感もあった。このまま自分がフェードアウトしたくない気持ちでやってきました」と並々ならぬ思いを述べた。

今後に向けては「まずは501試合目に出られるように。来季、現役を続けられるように」と現役続行の意思を見せた日本を代表する守護神は、「(シーズン)残り2試合、そこでしっかりとしたパフォーマンスを見せて、まだ続けられることをアピールできるようにやっていきたい。本当に1試合1試合が勝負なので」と強い意気込みを語っていた。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
リッピ・マジック炸裂!中国が逆転勝利で準々決勝へ…タイは一歩及ばず
次の記事:
マンチェスター・Cが公式戦6連勝! 直近4試合で22ゴール&無失点と絶好調/プレミアリーグ第23節
次の記事:
マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に
次の記事:
コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」
次の記事:
森保ジャパン、サウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突! ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強
閉じる