ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

4試合ぶり先発で先制弾!横浜FM遠藤渓太「アップでは調子悪かったですけど…」

16:24 JST 2019/11/02
keita-endo

横浜F・マリノスMF遠藤渓太が、サガン鳥栖戦後にフラッシュインタビューに応じた。

激しい優勝争い真っただ中の横浜FMは、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節で鳥栖のホームに乗り込んだ。ここまで全試合に先発していた仲川輝人が前節負傷を抱えたため、この試合ではベンチスタートに。代役として先発した遠藤だが、その起用に応えるパフォーマンスを披露した。

17分、左サイドを駆け上がったティーラトンがクロスを挙げると、遠藤はうまくDFの前に入り込み、右アウトサイドでのワンタッチボレーでネットを揺らす。その後も効果的なプレーを見せ、決めきれなかったものの後半アディショナルタイムにはビッグチャンスも演出。4試合ぶりの先発出場で、印象的な活躍を見せた。試合後のフラッシュインタビューでは、残り4試合を全部勝ちたいと意気込んだ。

「(ゴールを振り返って)その前に1本良いボールが来ていたんですけど、自分が入るのが遅れてしまって、次は遅れずに入ろうと思っていた中で良いボールが来たので、うまく合わせられて良かったです」

「(アップ中も練習していたが?)逆サイドのボールをずっとウォーミングアップでは練習していました。まぁウォーミングアップではすごい調子悪かったですけど、ボールが良かったにつきるかなと」

「個人としてゴールできたのは良かったと思います。でもやっぱチームとして失点してはいけない時間に失点して苦しくなってしまったと思っていますし、それ以外にも自分個人として取られる場面も多かった。テル君(仲川)が出られない中、自分は自分の味を出していこうと思ってましたし、1つ結果を残せたのは良かったのかなと」

「僕たちは全部勝つしかないと思いますし、すべてがすべて良い内容で終われるかどうかわからないけど、残り4試合全部勝って終われるように頑張ります」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です