3発快勝のリヴァプール、クロップ監督は満足感も「マンチェスター・Cは抜けている」

コメント()
Getty Images
吉田麻也が不在のサウサンプトン相手に3-0で勝利したリヴァプール。クロップ監督も満足しているようだ。

リヴァプールは、18日に行われたプレミアリーグ第12節サウサンプトン戦に、3-0と快勝した。ユルゲン・クロップ監督も、勝利に満足感を示した。

公式戦3連勝で、サウサンプトンを「アンフィールド」に迎えたリヴァプール。前半のうちにFWモハメド・サラーが2ゴールを上げると、後半にはMFフィリペ・コウチーニョがダメ押し弾を挙げ、3点を奪い快勝した。なお吉田麻也は、ベンチ入りしたが最後まで出番はなかった。

この試合では、61%のポゼッション率を記録し21本のシュートを放つなど、終始試合を支配したリヴァプール。クロップ監督も、チームのパフォーマンスに満足しているようだ。

「序盤はオープンな試合だったね。サウサンプトンは本当に良いチームだ。おわかりのように、今日は幸せだよ。特にディフェンス陣、最終ラインはとても力強かった。全体的に良かったし、勝利に値しただろう」

「順位を上げるためにも重要な勝利だ。マンチェスター・シティは抜けており、それを変えることはできない。だが、他のチームにプレッシャーをかけなくてはね。今日はそれができたよ」

勝利したリヴァプールは、勝ち点22で5位をキープ。首位のマンチェスター・Cとは12ポイント差となっている。次節は、ホームで3位チェルシーと激突する。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる