3点ビハインドは逆転可能か…イニエスタ「パリの時ほど悲観的ではない」

コメント()
(C)Getty Images
ユヴェントスに敵地で完敗したバルセロナ。イニエスタは再び奇跡を起こす自信を口にしている。

バルセロナのアンドレス・イニエスタは、ユヴェントス戦を終え、第一戦のパフォーマンスを改善しなければ、次のラウンド進出は不可能だとしている。

バルセロナは11日、チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでユヴェントスと対戦。ホームで無類の強さを持つユーヴェを相手に、アウェーゴールを奪うことはできず0-3と完敗を喫している。バルセロナはすでにパリ・サンジェルマン戦で歴史に名を刻んだが、イニエスタはユヴェントス相手にも再現できると『TV3』で語った。

「前半はミスばかりだった。チャンピオンズリーグだが、2ゴールという破滅につながるんだ。後半我々は変化を加えた。1点を奪うには値したと思うが、難しかったね」

「ユーヴェは良いチームだけど、上手くやれなかったから罰を受けたんだ。パリのときほど悲観的ではない。目の前には険しい上り坂が待っているけどね。でも努力を続ければ、タイに戻せる。不可能ではない」

パリ・サンジェルマン戦は4点ビハインドでカンプ・ノウに戻っただけに、いくらかましとも言えそうだが、ユヴェントスの鉄壁の前に完封されたことも事実。カンプ・ノウで大量得点というミッションを達成できるのだろうか。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる