2ゴールで“ダービー・キラー”となった浅野拓磨「サポーターの熱さに驚かされた」

コメント()
日本との文化の違いを肌で感じたシュトゥットガルトFW浅野。2ゴールでサポーターとともに喜びを分かち合った。

シュトゥットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、カールスルーエ戦で2ゴールを挙げ、自身のブログを更新して喜びを語った。

シュトゥットガルトは9日、ブンデスリーガ2部第28節でカールスルーエと対戦。右サイドで先発した浅野が2ゴールを挙げる活躍を見せ、ホームのシュトゥットガルトが2-0で勝利している。浅野は勝利とゴールをつかむことができたと報告しつつ、ダービーを振り返った。

「約60000人のサポーターがスタジアムを埋め尽くし、その中でのゴール、そして勝利することができ、皆んなで喜びを分かち合えたことは本当によかったです」

一方で、ダービーの熱さを体感し、「また日本との違いや凄さ、サポーターの熱さに驚かされドイツでのサッカーの文化っていうものを見せられた気がします」とし、いい経験になったことを認める浅野。また、前半戦のダービーでもゴールをマークしたことから、“ダービー・キラー”というあだ名も与えられたことを明かした浅野は、プレーは反省し、優勝に向けて引き続き努力すると前向きに締めくくった。

次の記事:
ベルルスコーニ氏所有のモンツァが監督解任…チーム再建へ元ミラン指揮官を招へい
次の記事:
ローマ指揮官、西村所属CSKAモスクワとの2連戦へ意欲「才能ある選手がいるが…」
次の記事:
イカルディ、バルセロナのメッシ不在で「互角になる。クオリティが僕らには備わっている」
次の記事:
ACL“究極のサポーター”コンテスト、鹿島の女子サポ岩崎さんが最終エントリーに残る。ぜひ投票を!
次の記事:
苦境のモウリーニョ、同じく不振の古巣レアル復帰を否定「私の将来はユナイテッドにある」
閉じる