10試合連続先発のマルセイユDF酒井宏樹は低評価に「攻撃面でシャイになりすぎ」

コメント()
(C)Getty Images
ボルドー戦に先発した日本代表DFは、低めの評価が下されている。

マルセイユは、19日に行われたリーグ・アン第13節のボルドー戦で1-1と引き分けた。この試合で先発出場したDF酒井宏樹の評価は、及第点に満たないものとなっている。

リーグ戦では7試合負けなしで敵地に乗り込んだマルセイユは、開始3分で先制点を奪われる苦しい展開に追い込まれる。しかし、このまま終了かに思われた後半アディショナルタイムに、MFモルガン・サンソン左足を振り抜き劇的な同点弾を奪い、辛くもドローに持ち込んでいる。

この試合で10試合連続の先発出場を果たした日本代表DFだが、チームが1点を追いかける79分にブナ・サールと途中交代。フランス『maxifoot』の採点では、低評価となっている。

寸評では「日本人にとって厳しい試合になった。攻撃面ではシャイになりすぎた。(対峙したフランソワ)カマノが躍動していたと言わなければならないだろう。後半はボルドーが落ちたこともあり、少し休めただろう」とし、「5.5」と低めの点数が付けられている。

なお、全体の最高点は「7.5」のマルセイユDFロランド、劇的な同点弾を奪ったサンソンは「7」となっている。

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アジアカップ決勝T進出16カ国が出揃う!日本は中東のサウジと激突…前回対決は0-1で敗戦
次の記事:
カタールがE組連勝対決を制す!F組首位の日本とサウジが16強で激突…通算成績は8勝1分4敗
次の記事:
勝ち越しミドルの塩谷司「自信になる」…ボランチを組んだ青山敏弘らの声掛けに感謝
次の記事:
青山敏弘、広島時代に共闘した塩谷司のスーパー弾に「彼はあれが普通。だが、大舞台で出せるのは凄い」
次の記事:
武藤の同点弾をアシストした今大会初出場の室屋、「ここで負けるわけにはいかなかった」
閉じる