1試合平均3.25得点という破壊力を見せるスペイン代表...ロシア戦ではDF陣が全得点を記録

コメント()
セルヒオ・ラモスがPKで2発

スペイン代表が、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向け、圧倒的な攻撃力を世界に見せ付けている。

スペインは14日の国際親善試合でロシアと対戦。DFジョルディ・アルバのゴールとDFセルヒオ・ラモスのPKによる2得点で、敵地の一戦を3-3で終えた。

広告

2得点を挙げたS・ラモスだが、1試合PK2得点は1927年5月22日のフランス戦でドミンゴ・サルドゥア氏以来、90年ぶりの記録だ。S・ラモスは代表通算得点数を「13」に伸ばした。これはMFアンドレス・イニエスタと同じ得点数である。

スペインはフレン・ロペテギ政権で16試合を行い、52得点を記録している。1試合平均3.25得点という驚異的な数字だ。惨敗したブラジルW杯を乗り越え、無敵艦隊が着々と準備を整えている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アーセナルが止まらない!主将エジルの“魔法”でレスター下し、公式戦10連勝達成/プレミアリーグ第9節
次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
次の記事:
バルダーノ氏「レアルはC・ロナウド退団を冗談として受け止めた。監督代えても点取り屋はいない」
次の記事:
バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」
閉じる