1試合平均3.25得点という破壊力を見せるスペイン代表...ロシア戦ではDF陣が全得点を記録

最終更新
コメント()
セルヒオ・ラモスがPKで2発

スペイン代表が、ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会に向け、圧倒的な攻撃力を世界に見せ付けている。

スペインは14日の国際親善試合でロシアと対戦。DFジョルディ・アルバのゴールとDFセルヒオ・ラモスのPKによる2得点で、敵地の一戦を3-3で終えた。

広告

2得点を挙げたS・ラモスだが、1試合PK2得点は1927年5月22日のフランス戦でドミンゴ・サルドゥア氏以来、90年ぶりの記録だ。S・ラモスは代表通算得点数を「13」に伸ばした。これはMFアンドレス・イニエスタと同じ得点数である。

スペインはフレン・ロペテギ政権で16試合を行い、52得点を記録している。1試合平均3.25得点という驚異的な数字だ。惨敗したブラジルW杯を乗り越え、無敵艦隊が着々と準備を整えている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アセンシオ「危機にあるとは思っていない」ソラーリ新体制での巻き返しに意気込む
次の記事:
ハメスが左ひざ負傷で数週間の離脱へ…大一番敗北のバイエルンにさらなる追い打ち
次の記事:
メンディ、左膝を手術も経過は順調…マンチェスターダービーで違和感覚え
次の記事:
代表最終戦のルーニーが10番&キャプテンマーク着用へ…サウスゲートが明かす
次の記事:
香川真司、「唯一の解決策」は?独誌がドルトムントで苦境に立つ日本人MFを特集
閉じる