「1月にリーズが狙う国際的なMF」英メディアがブラジル戦先発の井手口陽介に注目

コメント()
Getty Images
井手口陽介にはイングランドのリーズが獲得に名乗りを挙げているとされる。イギリスの地元メディアもブラジル戦に出場した井手口に関心を寄せているようだ。

10日にフランスのリールで行われた日本vsブラジルの親善試合は、1-3でブラジルが勝利を収めた。

この試合で先発出場を果たした井手口陽介は、マルセロの追加点を誘発するクリアミスをしてしまい、チームを勝利に導くことはできなかった。

同選手には以前からイングランド2部リーズ・ユナイテッドが関心を示していると伝えられていたが、引き続き高い関心を集めているようだ。イギリスメディア『the72』が、井手口にスポットを当てて紹介している。

「ガンバ大阪の日本代表MFは、1月にイングランドにやって来るとうわさされている」

「すでに井手口もリーズからオファーがあったことを認めており、『いつかヨーロッパでプレーしたい、すでに英会話を始めている』と語っている」

同メディアは井手口がブラジル戦に出場したことに触れ、イギリスの著名ジャーナリスト、アミタイ・ワインハウス氏のSNSコメントを引用し、「1月のイングランド行きが近付いている井手口は、世界最高額のプレーヤーとなったネイマールとマッチアップした」と伝えた。また、リーズ行きが浮上した経緯でもある、同クラブの幹部ビクトル・オルタ氏の動画も紹介している。

井手口への関心とともに「この国際的なMFは、リーズが1月に強化できる効果的なカンフル剤になるかもしれない。しかし、イギリスで就労許可が下りるか、その条件をクリアするかどうかは、まだ懐疑的だ」と伝え、リーズにもし移籍決定したとしても、問題なくイングランドでプレーできるかどうかは別問題だと強調している。

ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、オーストラリアとの大一番ミドルシュートを決め、セレソンとの一戦でもスタメンを務めるなど、日本代表に欠かせない存在になりつつある井手口。果たしてロシアW杯直前、冬の移籍市場で新天地を求めることになるのか。

14日に行われる日本vsベルギーでも、井手口はヨーロッパメディアから大いに注目を集めることとなりそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる